広報活動

RSS Print

2017年11月17日

2017和光市民まつりに参加しました!

11月11日(土)~12日(日)にかけて開催された和光市民まつりに、理研は11月12日(日)に参加しました。
今年も理研ブースは市民広場の階段を下りたすぐの所で、大勢の人々でとてもにぎわいました。ブースには、顕微鏡による植物や昆虫などの観察コーナーがあり、職員による理研グッズの販売も行いました。
今年の観察コーナーでは、「キウイ」、「エノコログサ(通称:ネコジャラシ)」、「ドングリ」、「オシロイバナ」、「あかざ花」などの植物と、「スズメバチ」、「タマムシ」、「セミ」、生きた「ダンゴムシ」、などの昆虫を顕微鏡で観察しました。
来場者の中には「虫は嫌いだから、お花だけ見る」、「どんぐり好きだからどんぐりが見たい」などいろいろな方がいましたが、初めて顕微鏡で見る経験は、みなさんにとって新鮮な刺激のようでした。
中でも一番人気だったのは、「タマムシ」でした。子どもも大人も顕微鏡で見るタマムシの色に、みんな「綺麗~、綺麗~」と歓声を上げていました。

理研グッズにもたくさんの方が興味を持ってくださって、商品の品切れが出るほどの繁盛でした。特に、「周期表柄のバンダナ(赤・青)」、「ニホニウムマグカップ(赤・青)」、「ビーカー」はとても人気でした。

当日は天気にも恵まれ、子どもから大人までたくさんの方に立ち寄っていただきました。
あらためてご来場の皆さまに感謝申し上げます。

写真:顕微鏡で植物や昆虫を観察

顕微鏡で植物や昆虫を観察

写真:理研グッズの販売

理研グッズの販売