広報活動

RSS Print

2018年5月14日

「Noh-Reimagined-能と脳・ロンドン公演-」に理研の研究者が登壇

日本を代表する古典演劇である能。「Noh Reimagined」は、日本と英国の芸術家や作家、科学者などの協同により、能を現代芸術、神経科学の観点から捉えようとするユニークな試みです。

6月29日、30日の2日間に渡って英国のロンドンで開かれる「Noh Reimagined 2018」では、理研生命機能科学研究センター 象徴概念発達研究チームの入來篤史(いりきあつし)チームリーダーが出演します。ロンドン大学のセミア・ゼキ教授との開幕対談をはじめ、能役者が第三者的な視点で自身の演技を意識する「離見の見(りけんのけん)」をこれまで行ってきた脳科学研究から読み解く講演や、この研究成果をモチーフにした新作能「The Transformative Power of Noh」も披露します。

入來篤史チームリーダーの講演

日時 2018年6月30日(土) 16:00開演
会場 キングスプレイス ホール2
料金 9.50ポンド + 3ポンド(予約料)
空席状況 空席あり(5月14日時点)
詳細 Talk and Presentation – Noh + Neuroscience

参考情報

2015年5月14日プレスリリース
熱愛中にドーパミン神経が活性化する脳領域を解明 -恋人を見てドキドキすると、前頭葉の2つの領域が活性化する-
※理研とセミア・ゼキ教授との共同研究