広報活動

Print

第27回理化学研究所里庄セミナー

理研は科学振興仁科財団と共同で「第27回理化学研究所里庄セミナー」を8月18日(土)、岡山県里庄町の仁科会館で開催します。

里庄町は現代物理学の父であり財団理研第4代所長であった仁科芳雄博士の生誕地であり、理研とゆかりのある場所です。里庄町にある博士の名を冠した仁科会館で開催される「里庄セミナー」は、岡山県内の研究機関や企業の交流、そして青少年の科学に対する関心を高めることを目的に、1992年から毎年行われており、今年で27回目となります。

今年は、創発物性科学研究センター 創発分子機能研究チームの瀧宮和男チームリーダーが「合成化学で機能を創る」、開拓研究本部 上坂スピン・アイソスピン研究室 上坂友洋主任研究員(仁科加速器科学研究センター スピン・アイソスピン研究室 室長)が「キミたちの99.97%と宇宙の歴史」というテーマで講演を行います。

※昨年の様子は2017年8月29日の理研ブログでご覧いただけます。

開催日 2018年8月18日(土)
時間 9:30-12:00
対象 一般 / 高校生 / 大学生
場所 仁科会館2階 仁科記念ホール
岡山県浅口郡里庄町浜中892-1
参加費 無料
定員 120名様 ※要事前参加申込、定員になり次第締め切ります。
問合せ 科学振興仁科財団仁科会館
Tel: 0865-64-4888

演題

合成化学で機能を創る

瀧宮 和男 チームリーダーの写真
講師 瀧宮 和男
創発物性科学研究センター 創発分子機能研究チーム チームリーダー

私たちの身の回りにはいろいろな物があふれていて、それらはさまざまな材料で構成されています。化学は役に立つ材料や新しい材料を作り出すことができ、プラスチックから医薬品まで私たちの生活になくてはならない多くのものづくりに貢献しています。20世紀に大きく発展した有機合成化学は、21世紀に入りそれまで対象としていなかったエレクトロニクス分野にも重要な役割を果たすようになっています。本講演では、私たちの研究室で生み出されたさまざまな化合物を紹介しながら、それらのエレクトロニクスへの応用について紹介します。合成化学が材料科学のための強力なツールとなることを感じていただきたいと思います。

キミたちの99.97%と宇宙の歴史

上坂 友洋 主任研究員の写真
講師 上坂 友洋
開拓研究本部 上坂スピン・アイソスピン研究室 上坂 友洋 主任研究員
仁科加速器科学研究センター スピン・アイソスピン研究室 室長)

普段の生活では気にもとめない「原子核」。実は皆さんの体の99.97%は原子核でできています。この原子核は、宇宙が生まれた直後から存在したわけではなく、重い星の巨大な重力や超新星爆発などの中で生まれ変わりながら地球にたどり着きました。原子核が宇宙の歴史の中で辿ってきたこの道筋が、最先端加速器施設「理研RIビームファクトリー」の実験から垣間見えてきています。
本講演では、RIビームファクトリーで得られた最新の結果を紹介しながら、原子核が宇宙の中で辿ってきた旅路に皆さんとともに思いを馳せたいと思います。