広報活動

Print

第33回 理研イブニングセミナー

理研の研究成果と研究活動を産業界の方々にご紹介する場として、企業の方に向けたイブニングセミナーを開催いたします。
理研の技術活用をお考えいただくきっかけとしていただければ幸いです。

「寄生虫感染防御における肥満細胞の新たな役割」

肥満細胞は寄生虫感染後期に分泌されるIgEにより完成化され、ヒスタミンの遊離などを介して寄生虫排除の後期に作用することが知られていますが、感染初期の役割は知られていませんでした。演者らは、寄生虫感染により上皮細胞が傷害されて放出される危険シグナルATPが、肥満細胞を刺激するとIL-33が放出されて、IL-33はILC2を刺激してIL-13産生を増強しその結果、杯細胞からの粘液産生が増強し、寄生虫の排虫が促されることを明らかにしました。
今後の適用例

  • アレルギーの制御
  • 寄生虫感染制御

発表者:大野 博司(統合生命医科学研究センター 粘膜システム研究グループ)

開催日 2017年10月25日(水)
時間 17:30-18:30(発表30分、質疑応答30分)
※講演後に名刺交換などの交流の時間を設けます。
対象 企業の方
場所 AP東京八重洲通り
東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル11階
定員 40名 先着順 ※事前登録制
参加費 無料
参加申し込み 参加ご希望の方は、会社名、氏名、メールアドレス、電話番号、希望する回(複数可)を記載の上、件名を『理研イブニングセミナー参加申込』として、下記のメールアドレスあてにお申し込み下さい。
Email: evening-seminar[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
ポスター PDF
申込締切り 10月20日(金)
お問合せ先 理化学研究所 産業連携本部 連携推進部 技術移転企画課
Tel: 048-462-5475
Email: evening-seminar[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。