広報活動

Print

理研シンポジウム: 第1回Linked Open Data(LOD)活用ワークショップ

開催日 2017年8月3日(木)
時間 10:00-17:00
対象 研究者
場所 COREDO日本橋 理研東京連絡事務所
東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目 日本橋一丁目三井ビルディング 15階
言語 日本語
主催 理化学研究所(情報基盤センター)
共催 人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー研究会、LODチャレンジJapan実行委員会
参加費 無料

RIKEN Symposium
1st Workshop on Linked Open Data (LOD)

Thursday Aug. 3, 2017 10:00-17:00
COREDO Nihonbashi, RIKEN Tokyo Liaison Office
Co-sponsored by the Japanese Society for Artificial Intelligence (JSAI)-SIG on Semantic Web and Ontology, and LOD challenge Japan committee
The workshop is free of charge and will be conducted in Japanese.

Linked Dataは、Webの仕組みを用いてデータを公開し、相互にリンクすることで、データの共有と活用を促進する技術である。Linked Dataとして公開されたオープンデータは、Linked Open Data (LOD) と呼ばれ、その機械可読性と効率的なデータ連携の仕組みから、様々な分野においてLODの公開によるデータ利活用の推進が期待されている。
本ワークショップでは、LODをこれから始めたいと考えている方を対象に、LODの基礎技術から活用方法を幅広く紹介する講演に加え、ハンズオンによる実践的な技術習得の場を提供する。これらの講演・ハンズオンは、LODの最先端の研究を推進している人工知能研究者、生命科学LOD基盤の研究開発を行っている研究者など、経験豊富な講師陣が務める。
本ワークショップは、分野を問わず、LODの活用を通じた新たなデータ公開・共有・知識処理を学びたい方、またLODによるデータの利活用推進に関心のある方に向けに構成されている。

8月3日(木)

10:00-10:10
オープニング
小林紀郎(理化学研究所 情報基盤センター)

10:10-11:40
講演セッション
Linked Open Data(LOD)の基礎技術と公開事例
古崎晃司(大阪大学 産業科学研究所)

生命科学とLOD-理研メタデータベースを活用したデータ利活用の実際
小林紀郎(理化学研究所 情報基盤センター)

ライフサイエンス分野データの可視化と共有化
山本泰智(ライフサイエンス統合データベースセンター)

DBpedia Japaneseと日本語LODの広がり
加藤文彦(国立情報学研究所)

11:50-12:30
ハンズオンセッション1
LOD用クエリ言語SPARQLの基礎(基本編)
古崎晃司(大阪大学 産業科学研究所)

12:30-13:30
昼食

13:30-16:50
ハンズオンセッション2
古崎晃司(大阪大学 産業科学研究所)
加藤文彦(国立情報学研究所)
山本泰智(ライフサイエンス統合データベースセンター)
小林紀郎(理化学研究所 情報基盤センター)

セッション中に下記の発表があります。

  • LOD用クエリ言語SPARQLの基礎(実践編)
  • LOD活用ツール・ライブラリの紹介
  • RDFデータベースの導入方法

さらに、セッションの終わりに総合議論を行います。

16:50-17:00
クロージング
古崎晃司(大阪大学 産業科学研究所)

[問い合わせ先]
理化学研究所 情報基盤センター 計算工学応用開発ユニット (担当: 小林)
人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会 (担当:古崎)
Email: sigswo-kanji[at]ai-gakkai.or.jp ※[at]は@に置き換えてください。

[参加申し込み]
下記サイトにて、事前参加申し込みをお願いします。(定員は30名です)
第1回Linked Open Data(LOD)活用ワークショップ
参加申し込み数が定員に達した場合には、参加申し込みを締め切らせていただきます。

[個人情報に関する取扱について]
ご記入いただいた個人情報は、参加者の集計および主催者からの連絡に利用させていただきます。