広報活動

Print

理研シンポジウム: 第2回アト秒科学に関する国際シンポジウム

開催日 2017年8月26日(土)
時間 10:00-17:45
対象 研究者
場所 理化学研究所 鈴木梅太郎記念ホール
埼玉県和光市広沢2-1
言語 英語
主催 理化学研究所(光量子工学研究領域)
CREST「アト秒反応ダイナミクスコントローラーの創生」チーム
東京大学大学院理学系研究科附属フォトンサイエンス研究機構
東京大学大学院工学系研究科附属光量子科学研究センター
北海道大学大学院工学研究院応用物理学部門
コヒーレントフォトン技術によるイノベーション拠点
文部科学省先端光量子科学アライアンス
超高速光エレクトロニクス研究会

2nd International Symposium on Attosecond Science
Saturday, Aug. 26, 2017 10:00-17:45
Suzuki Umetaro Hall, RIKEN (The Institute of Physical and Chemical Research)
Contact: Attosecond Science Research Team
Co-sponsored by
RIKEN Center for Advanced Photonics
CREST "Innovation of Attosecond Reaction Dynamics Controller" Team
Institute for Photon Science and Technology, The University of Tokyo
Photon Science Center, The University of Tokyo
Division of Applied Physics, Graduate School of Engineering, Hokkaido University
COI-STREAM Innovative Center for Coherent Photon Technology
MEXT Advanced Photon Science Alliance
Ultrafast Optoelectronics Technical Committee

アト秒科学は、物質内の電子の動きを直接観測することで反応素過程の解明・制御および新しい物性を有する物質を創成することを目指す最先端の光科学研究の分野の一つである。近年の著しいレーザー技術の進展により、高強度・短パルスのアト秒光源が開発され、物質内の超高速の電荷移動および反応ダイナミクスを観測および制御が可能になりつつある。また、物質内の電子の運動と核の運動の相関を記述する理論および計算手法の開発は、理論化学および計算科学の分野の最先端である。本国際シンポジウムでは、アト秒パルス発生の根源である高次高調波発生過程を黎明期から第一線で研究されているAnne L'Huillier博士に基調講演を行っていただくとともに、国内外の第一線で活躍されている研究者総計10名に講演を行っていただき、アト秒科学に関する光源開発、応用研究および理論研究の最先端について議論を行う。

オープニングセッション [座長:関川 太郎(北海道大学)]

10:00-10:05
開会挨拶
石川 顕一(東京大学)

10:05-10:10
来賓挨拶
小安 重夫(理化学研究所 理事)

基調講演 [座長:緑川 克美(理化学研究所)]

10:10-10:50
Anne L'Huillier(Lund University, Sweden)
"Photoionization Dynamics Probed by Attosecond Pulses"

セッションI:光源 [座長:高橋 栄治(理化学研究所)]

10:50-11:30
François Légaré(INRS-EMT, Canada)
"Frequency Domain Nonlinear Optics"

11:30-12:00
小栗 克弥(NTT物性科学基礎研究所)
"Broadband Isolated Attosecond Pulse Generation and Its Application to PHz-wave and Electron Interaction in Solid"

12:00-12:30
鍋川 康夫(理化学研究所)
"Observation and Control of Sub-10 fs Dynamics in Molecules using Intense XUV Attosecond Pulse Trains"

12:30-14:00
ポスターセッション(昼食)

セッションII:理論 [座長:石川 顕一(東京大学)]

14:00-14:40
Vitali Averbukh(Imperial College London, UK)
"Full Ab Initio Theory of Attosecond Molecular Pump-probe Spectroscopy"

14:40-15:10
森下 亨(電気通信大学)
"Near-Forward Rescattering Photoelectron Holography in Strong-Field Ionization: Extraction of the Phase of the Scattering Amplitude"

15:10-15:40
佐藤 健(東京大学)
"Time-dependent Ab Initio Wavefunction Methods for Multielectron Dynamics of Atoms and Molecules in Intense Laser Fields"

15:40-16:00
休憩

セッションIII:応用 [座長:鍋川 康夫(理化学研究所)]

16:00-16:40
Oren Cohen(Technion - Israel Institute of Technology, Israel)
"Symmetries in High Harmonic Generation"

16:40-17:10
関川 太郎(北海道大学)
"Nonadiabatic Dynamics in Functional Molecules Studied by Time-resolved Photoelectron Spectroscopy"

17:10-17:40
菱川 明栄(名古屋大学)
"Ultrafast Photoelectron Spectroscopy of Rydberg Wavepacket Dynamics of Molecular Nitrogen"

17:40-17:45
閉会挨拶
緑川 克美(理化学研究所 光量子工学研究領域領域長)

問い合わせ先
理化学研究所 光量子工学研究領域 アト秒科学研究チーム
〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1
Email: atto_sympo[at]ml.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

参加申し込み
氏名,所属,電子メールアドレス,電話番号,Fax.番号,電子メールアドレスを明記の上,8月23日(水)までにEmailにてお申し込み下さい。

個人情報に関する取扱について
ご記入いただいた個人情報は,参加者の集計および主催者からの連絡に利用させていただきます。