広報活動

Print

理研シンポジウム: 超微細画像データを活用した健康科学の新時代

理化学研究所エンジニアリング・ネットワーク・プロジェクト[ヘルスケアカテゴリー]では、少子高齢化の急速な進行による社会変化の中に在っても、持続的成長発展が可能な活力ある成熟した社会へと進化していくため、健康・医療分野のエンジニアリング研究を推進しています。このたび、2017年にヘルスケア課題の1つとして採択された「超微細画像診断による高速かつ正確な画期的細胞診の確立」の公開キックオフ・シンポジウムを以下の日程にて神戸ポートアイランドで開催します。

当課題は、最新の電子顕微鏡によって得られる超微細画像データによって、血液腫瘍の正確な細胞診断を行う医工連携の研究を推進することを目指していますが、今回のシンポジウムではさらに、

  • イメージング技術(電顕、X線CT、RIイメージング、8K撮影技術)
  • 情報解析(3D再構築、機械学習、AI、データベース、セマンティクス)
  • 医療(血液疾患、腎臓疾患)・健康科学・ヘルスケア

の3領域の融合を促進・加速する狙いで企画しています。参加者全員で、白血病、電顕のみに限らず、より広い病気や他のイメージング技術にも展望を広げて、日本の将来に向かうべき理想像、イノベーションやグランドビジョンを描きたいと思っています。「超微細画像データを活用した健康科学の新時代」は、一般公開の理研シンポジウムとして行われています。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日 2017年9月29日(金)
時間 13時〜(受付:12:30〜)
対象 アカデミア研究者(大学、公的機関)、民間企業研究所、大学生、大学院生、病院・医療関係者(医師等)、データ解析者、ベンチャーパートナー
場所 理化学研究所融合連携イノベーション推進棟(IIB)8階 講義室(C801)
兵庫県神戸市中央区港島南町6丁目7-1
言語 日本語
参加費 無料
参加登録

下記サイトにて、事前参加申し込みをお願いします。(定員100名程度)

超微細画像データを活用した健康科学の新時代 事前申込受付フォーム

※参加申し込み数が定員に達した場合には、参加申し込みを締め切ります。
※当日、懇親会費を受付時に徴収させていただきます。
※お釣りがないようにご準備ください。

ポスター PDF
主催 理化学研究所(ライフサイエンス技術基盤研究センター、イノベーション推進センター、情報基盤センター、健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム)
後援 理研エンジニアリングネットワーク

RIKEN Symposium
A New Era of Health Science Utilizing Ultra-microstructural Imaging Data
Fri. Sep. 29, 2017 13:00-18:40
Integrated Innovation Building (IIB), RIKEN, 6-7-1 Minatojima-Minamimachi, Chuo-ku, Kobe

プログラム

13:00-13:05

開会の挨拶

臨床におけるイノベーション課題

13:05-13:25

超微細画像による臨床応用

村川泰裕ユニットリーダー(理研イノベーション推進センター)
小林 紀郎上級センター研究員(理研情報基盤センター)
久米慧嗣研究員(理研ライフサイエンス技術基盤研究センター)

13:25-13:45

血液悪性疾患における細胞診の現状

松井宏行専門医(京都大学血液・腫瘍内科学)

13:45-14:05

腎臓疾患における電顕診断の重要性と限界

柳田素子教授(京都大学腎臓内科学)

イメージング(A)組織・細胞

14:05-14:25

電子顕微鏡技術の最前線

須賀三雄副ユニット長(日本電子株式会社SM事業ユニット)

14:25-14:45

細胞から病気を診る~電顕病理学への招待~

前田光代技術顧問(日本電子株式会社オープンイノベーション推進室)
(兼任)客員主管研究員(理研CLST-JEOL連携センター)

イメージング(B)臓器・個体

14:45-15:05

X線による軟組織イメージング:マウス胎生致死表現型解析の新展開

田村勝開発研究員(理研バイオリソースセンター)

15:05-15:25

RIイメージングの新展開

本村信治副チームリーダー(理研ライフサイエンス技術基盤研究センター)

15:25-15:50 休憩(25分)

特別セッション~放送・映像技術の革新的医療応用~

15:50-16:20

8Kスーパーハイビジョン技術とその医療応用

谷岡 健吉 副理事長 (一般社団法人メディカル・イメージング・コンソーシアム)
(兼任)研究教授(ニューヨーク州立ストーニーブルック大学医学部)
(兼任)テクニカルアドバイザー(カイロス株式会社)
元日本放送協会放送技術研究所所長

画像データ解析・AI・ものづくり

16:20-16:40

画像認識の最前線

原田達也教授(東京大学大学院情報理工学系研究科)
(兼任)チームリーダー(理研革新知能統合研究センター)

16:40-17:00

生体試料の切削・観察と画像処理による現象解析

横田秀夫チームリーダー(理研光量子工学研究領域)

17:00-17:20

画像データが可能にする生命科学の新たな展開

大浪修一チームリーダー(理研生命システム研究センター)

医療情報、健康科学、オープンイノベーション

17:20-17:40

オントロジー工学に基づく医療知識の体系化

古崎晃司准教授(大阪大学産業科学研究所)

17:40-18:00

疲労科学から健康増進科学へ~個別健康最大化を目指して~

水野敬チームリーダー(理研健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム)

18:00-18:30

日本における医療イノベーションの現状

宇佐美篤プリンシパル(東京大学エッジキャピタル)

18:30-18:40

クロージング

片岡洋祐チームリーダー(理研ライフサイエンス技術基盤研究センター)

19:00- 懇親会(6Fサロン)

セミナー参加の事前申込が必要です(※ 受講は無料です)。

問い合わせ先
理化学研究所 (担当: 村川、小林、久米)
Email: en-leukemia-sympo170929[at]ml.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

参加申し込み
参加費は無料ですが、懇親会参加を希望される方は別途費用が必要です。
懇親会参加希望者: 3000円を予定
※当日、懇親会費を受付時に徴収させていただきます。
※お釣りがないようにご準備ください。
下記サイトにて、事前参加申し込みをお願いします。(定員100名程度)
超微細画像データを活用した健康科学の新時代 事前申込受付フォーム
※参加申し込み数が定員に達した場合には、参加申し込みを締め切らせていただきます。

個人情報に関する取扱について
ご記入いただいた個人情報は、参加者の集計および主催者からの連絡に利用させていただきます。
また、主催者が企画する関連のシンポジウムやワークショップをメールでお知らせする場合がございます。
ただし、これらの情報を正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。