広報活動

Print

理研シンポジウム: 第一回「未来を考える会」

開催日 2017年11月22日(水)
時間 10:45-18:00
対象 研究者
場所 北九州国際会議場 B21会議室
福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目9-30
言語 日本語
主催 光量子制御技術開発チーム
共催 北九州市立大学
協賛 公益財団法人 北九州観光コンベンション協会

北九州市立大学環境技術研究所と理化学研究所光量子工学研究領域が連携して研究開発を展開していくことになりました。そのキックオフとして、理化学研究所の研究者十数名が北九州市を訪問し、両機関の研究相互紹介及び討論会を公開開催します。

プログラム

第1部
10:45
趣旨説明
藤井 克司(理化学研究所)

10:50
開会あいさつ
梶原 昭博(北九州市立大学)

10:55
「持続可能な社会に向けた光量子技術の応用」
和田 智之(理化学研究所)

[セッション1]
電気化学・光電気化学
コーディネーター:藤井 克司(理化学研究所)

11:15
天野 史章(北九州市立大学)
「光電気化学的手法を用いた水分解水素生成」

11:35
小池 佳代(理化学研究所)
「水分解水素生成のためのn型GaN光電極上のNiO評価とメカニズムについて」

[セッション2]
植物生理学
コーディネーター:藤井 克司(理化学研究所)

11:55
河野 智謙(北九州市立大学)
「植物生理学を応用した工業(仮)」

12:15
福山 太郎(理化学研究所)
「光環境調節による植物代謝物の定量制御手法の開発-オーダーメイド野菜生産を目指して-」

12:35
休憩(60分)

[セッション3]
自然エネルギー利用・システム・ものづくり
コーディネーター:松田 鶴夫(北九州市立大学)

13:35
藤井克司(理化学研究所)
「自然エネルギー利用エネルギーシステムの実現へ向けて」

13:55
牛房 義明(北九州市立大学)
「北九州スマートコミュニティの経済分析について」

14:15
加瀬 究(理化学研究所)
「データ駆動型ものづくりシステムの開発」

14:35
村上武晴、斎藤徳人(理化学研究所)
「レーザーインフラ計測」

14:55
休息(10分)

[セッション4]
快適な生活と科学
コーディネータ:藤本 潔(北九州産業学術推進機構)

15:05
木原 隆典(北九州市立大学)
「細胞の可視化解析」

15:25
宮崎 敦子(理化学研究所)
「ドラム演奏による認知機能・上肢機能改善効果の検証」

15:45
安井 一(理化学研究所)
「呼気成分分析による健康脆弱化計測」

16:05
松田 鶴夫(北九州市立大学)
「IoTを活用した病院・家庭にシームレスな継続的リハ支援システムの開発」

16:25
閉会挨拶 和田 智之(理化学研究所)
國武 豊喜(北九州市立大学顧問)

16:35
休息(10分)

第2部
[個別・総合討論]

16:45 総合討論
コーディネーター:未定

  1. 個別のテーマについての議論
  2. 北九州のいままでといまから 等

18:00
終了予定

申込み・お問合わせ
北九州市立大学企画管理課(担当:本山)
Email: kikaku[at]kitakyu-u.ac.jp ※[at]は@に置き換えてください。
Tel: 093-695-3311
Fax: 093-695-3368