広報活動

理研ブランドの清酒「仁科誉」

仁科誉

理研仁科加速器研究センター 生物照射チーム(阿部知子チームリーダー)は、加速器「リングサイクロトロン」で加速した重イオンビームによる変異誘発技術を用いて、これまでに連続開花性に富む花持ちの良い「バーベナ」、優雅な濃いピンク色の新色「ペチュニア」、白と紫がかったピンク色の新色「トレニア」、さらには淡い黄色のサクラ「仁科蔵王」、四季咲きのサクラ「仁科乙女」など、次々と品種改良、新品種を開発してきました。

そして2010年、阿部チームリーダーらは埼玉県産業技術総合センターと共同で、重イオンビームによる変異誘発技術を用いて吟醸酒用の新しい酵母の開発に成功しました。2011年には、この酵母を使ってつくられた日本酒が、埼玉県内3カ所の酒蔵からそれぞれ、「純米大吟醸」「純米吟醸」「吟醸本生」として販売が開始されました。

これらのお酒は、各酒蔵の協力により理研のプライベートブランド「仁科誉(にしなほまれ)」という銘柄でも2011年11月から販売されています。この名は、日本の原子核物理学の父と呼ばれる仁科芳雄博士(1890~1951年)にちなんで名付けられました。

ご購入を希望の方は下記より注文書をダウンロードして、各酒蔵にお申し込みください。

酒類 価格(税込) 酒蔵 注文書
純米大吟醸 2,700円 丸山酒造(株) WORD / PDF
純米吟醸 1,728円 小江戸鏡山酒造(株) WORD / PDF
吟醸本生 1,112円 鈴木酒造(株) WORD / PDF

※販売は4合瓶(720ml)です。
※送料と代引き手数料等が別途必要です。

【関連ホームページ】
  1. 理研仁科加速器研究センター
  2. お楽しみコンテンツ「新種のサクラ