広報活動

理研の博士に聞いてみよう!

理研の博士に聞いてみよう!冊子の写真

さまざまな分野の理研の博士たちが、子供にもわかりやすく研究内容を解説しているコンテンツです。ぜひ、ご家族でご覧ください。

※ここで紹介している研究内容は、制作当時のデータに基づいて作成されています。その後の研究の進展によって、現在においては異なる数値、結果が出ている可能性がありますので、データについては最新の研究成果をご確認ください。

洗濯やアイロンがけができる太陽電池をつくりました。
福田 憲二郎(ふくだ けんじろう)
2018年度制作
橋や道路を透視して検査します。
大竹 淑恵(おおたけ よしえ)
2018年度制作
においの好き嫌いを決める脳のしくみを調べています。
風間 北斗(かざま ほくと)
2018年度制作
抜けてしまった歯や毛を再生します。
博士:辻 孝(つじ たかし)
2017年度制作
タンパク質が働く途中の原子の動きを撮影しました。
博士:南後 恵理子(なんご えりこ)
2017年度制作
「糖鎖」を病気の診断や治療に役立てます。
博士:谷口 直之(たにぐち なおゆき)
2017年度制作
ゲリラ豪雨の予測をめざしています。
博士:三好 建正(みよし たけまさ)
2016年度制作
世界で初めて113番元素をつくりました。
博士:森田 浩介(もりた こうすけ)
2016年度制作
金やレアアースの誕生のなぞを探っています。
博士:和南城 伸也(わなじょう しんや)
2015年度制作
血液の赤血球を人工的にたくさんつくる研究をしています。
博士:中村 幸夫(なかむら ゆきお)
2015年度制作
光をむだなく電気にかえる新しい太陽電池の研究をしています。
博士:川﨑 雅司(かわさき まさし)
2015年度制作
「ラン藻」を利用してバイオプラスチックをつくっています。
博士:小山内 崇(おさない たかし)
2014年度制作
新しい文字を加えた人工DNAをつくっています。
博士:平尾 一郎(ひらお いちろう)
2014年度制作
300億年で1秒も狂わない世界最高精度の時計をつくっています。
博士:香取 秀俊(かとり ひでとし)
2014年度制作
遺伝子を調べる方法などで微生物の多様性や役割を知ります。
博士:大熊 盛也(おおくま もりや)
2013年度制作
コケの力で金属のリサイクルを進めて、環境と生物の多様性を守ります。
博士:井藤賀 操(いとうが みさお)
2013年度制作
クローン技術でマンモスを再生させます。
博士:若山 照彦(わかやま てるひこ)
2013年度制作
少ない肥料でもお米がたくさんとれるイネをつくります。
博士:榊原 均(さかきばら ひとし)
2012年度制作
病気にかからない作物をつくります。
博士:白須 賢(しらす けん)
2012年度制作
安全な農薬をつくってきました。
博士:有本 裕(ありもと ゆたか)
2012年度制作
シロアリや藻類の力でバイオ燃料をつくり、エネルギー問題を解決します。
博士:守屋 繁春(もりや しげはる)
2011年度制作
物理学で“マジック”を起こし、エネルギー問題を解決します。
博士:十倉 好紀(とくら よしのり)
2011年度制作

冊子版

制作年ごとの冊子版はこちらからダウンロードできます。