広報活動

Print

2009年1月20日

理化学研究所

皮膚疾患の原因となる病原性真菌マラセチアの受容体を同定

- 真菌誘導性疾患の治療応用へ期待 -

キノコ・カビ・酵母などの菌類は、別名「真菌」とも呼ばれます。真菌による感染症を一般に真菌症と呼び、フケや皮膚炎の原因菌としてマラセチア(癜風:でんぷう)菌が知られます。マラセチアは、皮膚疾患の原因菌であるだけでなく、アトピー性皮膚炎を悪化させたり、乳幼児の致死性敗血症を引き起こすなど、身近な病原性真菌ですが、マラセチアに特異的な受容体はこれまで見つかっていませんでした。

理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの免疫シグナル研究グループは、大阪大学、千葉大学の研究チームらと協力し、感染、梗塞、壊死などのストレスによって強く発現が誘導されるタンパク質「Mincle」が、病原性真菌マラセチアの受容体であることを発見しました。研究グループは、これまでにMincleが自己組織の損傷を感知し、炎症を誘起する受容体であることを見いだしていました。

今回、それ以外に外来から侵入する微生物を感知する受容体としても働く可能性を考え、 Mincleが活性化すると細胞が緑色に蛍光するインジケーターシステムを用いて、 Mincleが応答する微生物を探索しました。その結果、マラセチア属の真菌を特異的に認識することを見いだしました。 さらに、Mincle遺伝子欠損マウスを作成し、マラセチアに対する応答を調べた結果、マウスにマラセチアを投与して起こる腹膜炎が、Mincle遺伝子欠損マウスでは有意に減少することを見いだしました。

今回の成果から、Mincleがマラセチアの感染を感知する生体防御受容体として働いていることが分かりました。マラセチアを特異的に認識する受容体の発見は世界で初めてで、Mincleの機能解析をさらに進めることで、マラセチアによる皮膚疾患、乳幼児の致死性敗血症、アトピー性皮膚炎などの治療につながることが期待されます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
免疫シグナル研究グループ
グループディレクター 斉藤 隆(さいとう たかし)
Tel : 045-503-7037 / Fax : 045-503-7036

上級研究員 山崎 晶(やまさき しょう)
Tel : 045-503-7039 / Fax : 045-503-7036