広報活動

Print

2009年1月30日

理化学研究所

クラゲから採取したムチン、関節治療への応用で動物実験に成功

- 高齢化社会を支える変形性関節症治療への可能性 -

変形性関節症を起こしたウサギの関節軟骨の断面

関節がこすれあい、ぶつかって痛みが増す関節症の患者は、高年齢化社会の進行とともに急増し、特に変形性関節症の患者はわが国で700万人にも及びます。生活水準(QOL)を低下させ、社会的な被害をもたらすこの疾患は、世界保健機構(WHO)も大きな関心を寄せ、2000年からの10年を「骨と関節の10年」と名付けて、克服の重点目標に掲げています。

粘性によって関節を保持し、骨と骨との間の摩擦を低減する機能を持つ関節液が、老化、疾病などで変性することが変形性関節病の大きな原因とされています。そのため、治療のひとつとして、関節液の成分であるヒアルロン酸を人工的に合成し、注射器で関節に直接注入する方法が効果をあげています。

こうした状況の下、理研基幹研究所丑田環境ソフトマテリアル研究ユニットは、東海大学医学部外科学系整形外科の研究グループと協力し、ウサギを使った動物実験で、変形性関節症の治療効果が高まる新たな治療方法の開発に成功しました。新治療法は、ヒアルロン酸と併用して「クニウムチン」を関節へ注入する手法で、ただ単にヒアルロン酸を注入する治療に比べ、関節の軟骨修復効果が著しく増大しました。クニウムチンとは、大量発生して漁業や発電所などに被害を与え続ける、エチゼンクラゲやミズクラゲから抽出した新規ムチン型糖タンパク質です。ヒトの関節液に含まれているムチンと似ていますが、繰り返し構造だけ(ムチンドメイン)で構成された単純な構造なので、分子レベルの研究が行いやすく、また、大量生産が容易です。丑田環境ソフトマテリアル研究ユニットが2007年に発見し、生理効果への応用を摸索していました。粘度を維持するヒアルロン酸と、摩擦を低減するムチンの2つの相乗効果により、厄介者のクラゲの有効利用と高齢者のQOLの向上という、一石二鳥の効果が期待できます。

東海大学医学部外科学系整形外科学
准教授 佐藤 正人(さとう まさと)
Tel : 0463-93-1121(内線2320) / Fax : 0463-96-4404

独立行政法人理化学研究所基幹研究所
丑田環境ソフトマテリアル研究ユニット
ユニットリーダー 丑田 公規(うしだ きみのり)
Tel : 048-467-7963 / Fax : 048-462-4668