広報活動

Print

2009年4月3日

独立行政法人 理化学研究所

コンピュータ解析を用いて味覚受容細胞発生に必要な転写調節因子群を同定

-選別したHes1遺伝子が、幹細胞の味覚受容細胞発生の分化を抑制すると判明-

Hes1遺伝子の味覚細胞分化に対する影響

人は、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、さらに味覚を加えた五つの感覚を研ぎ澄まし、危険を察知したり、感動を受けたり、幸福を感じるなど生活を展開しています。五感を基点に生活の質「QOL」が決まるといっても過言ではなく、この感覚を失くしてしまうと大きな落胆に浸ることにもなります。

この五感の中で、食生活と切り離すことができない味覚の研究では、信号伝達系の研究は進んでいるものの、舌や咽頭にある味覚受容細胞そのものの発生に関する知見は非常に乏しい状況です。このため、失われた味覚を幹細胞治療により復活させる研究は遅れています。

脳科学総合研究センター疾患メカニズムコア近藤研究ユニットは、東京医科歯科大学の研究グループとの共同研究により、コンピュータを用いて味覚受容細胞の発生に関する97個の遺伝子の同定に成功し、そのうちの1つの遺伝子「Hes1」が、野生型のマウスでは、味覚受容細胞の前駆細胞において味覚受容信号伝達系の遺伝子の発現を抑制し、Hes1ノックアウトマウスでは抑制していないことを確認しました。すなわち、Hes1は幹細胞のマーカーとなり得ること、さらに、味覚受容細胞発生の分化を抑制し、幹細胞を未分化の状態に維持している役割を持つことを発見しました。

研究グループは、この知見を基に、本研究で発見したほかの遺伝子でもノックアウトマウスの作成と解析を展開しています。今後、味覚受容細胞の発生に関する知見を蓄積し、幹細胞の同定や、治療を目指した応用へと展開していくことを考えています。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 近藤研究ユニット
チームリーダ 近藤 隆(こんどう たかし)
Tel: 048-467-6729 / Fax: 048-467-6729