広報活動

Print

2009年4月10日

独立行政法人 理化学研究所

女性ホルモン「エストロゲン」の記憶改善効果の一端を解明

-慢性脳循環障害の遺伝子改変で性差、女性の脳は男性より記憶障害に強い-

脳循環低下によるアストロサイトの膨張とエストロゲンの効果

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性らしさを生み出す作用とともに、動脈硬化を防ぐなどの効果が知られています。しかし、エストロゲン投与には、女性化や乳癌のリスクなど副作用の問題が伴うため、それを活用した薬や治療法の開発がなかなか進まないのが現状です。

脳科学総合研究センターの山田研究ユニットは、このエストロゲンが、脳循環の低下により細胞容積の膨張を起こす神経細胞の支持細胞であるアストロサイトに対し、細胞容積の維持に働くことにより記憶の改善に寄与することを発見しました。

研究ユニットは、慢性脳循環障害を引き起こすアセチルコリン受容体遺伝子欠損マウスの解析を進めてきました。これまでに、このマウスが、脳血管の拡張作用を持つアセチルコリンの働きをなくしていることを見いだしていました。今回、オスの遺伝子欠損マウスだけで、脳の血液循環が低下し、低酸素やエネルギー欠乏に反応した脳のアストロサイトの容積膨張が起きること、さらに神経細胞間の空間減少によると考えられる神経突起の萎縮(いしゅく)やシナプスの減少が起きることが分かりました。この性差に着目し、エストロゲンの作用をマウス脳血管内皮細胞で調べると、アセチルコリンと同じメカニズムで脳血管を拡張することが判明しました。そこで、脳機能異常を持つオスの遺伝子欠損マウスにエストロゲンを投与したところ、脳のアストロサイトの膨張や神経突起の萎縮の症状が回復し、記憶学習能力も改善していることを明らかにすることができました。すなわち、エストロゲンを分泌するメスの方が、オスより脳循環障害による記憶障害に強いことが分かりました。

神経細胞の萎縮は細胞死への過程と考えられていましたが、脳循環の回復により可逆的に脳細胞の状態を変えられることが分かりました。また、脳のアストロサイトの容積膨張を制御することが、脳障害の予防ばかりか脳機能障害発生後の改善に役立つ薬の開発のターゲットになることを発見しました。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 山田研究ユニット
ユニットリーダー 山田 真久(やまだ まさひさ)
Tel: 048-467-7648 / Fax: 048-467-7648