広報活動

Print

2009年4月20日

独立行政法人 理化学研究所

細胞の分化などの状態を支配する分子ネットワークを解明

-自在に細胞をコントロールする「夢の技術」に向けて一歩前進-

THP-1細胞の分化と今回のデータ測定と今回の研究で解明した、単芽球から単球への分化を支配する転写因子ネットワーク

ヒトをはじめマウス、シロイヌナズナ、イネなど、さまざまな動植物の遺伝子の機能を知りつくす研究が、病気、生産性向上、環境・エネルギー問題の解決などに役立てようと、世界中で研究が活発化しています。発現しているマウス遺伝子の完全長cDNAを網羅するマウスエンサイクロペディアプロジェクトもその1つで、2000年に、完全長cDNAの機能注釈を目指し、国際研究コンソーシアム「FANTOM」が発足しました。その後、FANTOM1,2,3と発展し、RNAの新大陸発見を見いだしました。今回、理研オミックス基盤研究領域(OSC)は、分子レベルの相互作用ネットワークを解明するために、細胞の分化状態(表現形式)を支配する転写因子群と、そのネットワークを明らかにする挑戦をしてきました。

第4回目に当る今回の研究プロジェクトFANTOM4(15カ国、51機関の参加)では、文部科学省ゲノムネットワークプロジェクトの活動 と連携し、白血病由来のヒト免疫細胞が、単芽球から単球に分化する過程を支配する分子ネットワークの解明に成功しました。解析には、OSCが独自に開発した遺伝子解析手法(CAGE法)と次世代シーケンサーを組み合わせ、約200種類の転写因子から、分化に関与する30種を抽出、実験データのみから転写因子のネットワークを初めて明らかできました。

今回の手法は、プロジェクトが新たな目標としている、遺伝子と分子の関係を解く基盤となります。例えば、分化多能性をもつiPS細胞に応用すれば、iPS細胞を目的とする細胞に分化誘導することが可能になると期待されます。

理化学研究所
オミックス基盤研究領域
領域長 林﨑 良英
Tel: 045-503-9222 / Fax: 045-503-9216