広報活動

2009年4月22日

独立行政法人 理化学研究所

ポリグルタミン病の発症は、タンパク質の線維化加速で進行

-線維構造がさまざまなタンパク質でドミノ倒しのように伝播する新メカニズムを提唱-

ハンチンチン線維が鋳型となってTIA-1の線維化を促進

生体のさまざまな機能は、DNAの遺伝情報により生み出されるタンパク質に基づいています。タンパク質はアミノ酸が連なってできていますが、このアミノ酸の連なり方に間違いがあると病気の原因となります。シトシン・アデニン・グアニンの三つの塩基がベースとなる必須アミノ酸の一種、グルタミンが異常に連なる(塩基の繰り返しが40回以上)と、付随運動や認知症の原因となるハンチントン病、歩行障害を伴う遺伝性脊髄小脳変性病を引き起こすポリグルタミン病を発症します。

脳科学総合研究センター構造神経病理研究チームの貫名信行チームリーダーらは、グルタミン鎖の異常伸長による線維構造が、さまざまなタンパク質に伝播し、あたかもドミノ倒しのようにタンパク質の生理機能を喪失するという、ポリグルタミン症の新たな分子メカニズムを提唱しました。

ハンチンチン線維を種にしてTIA-1の線維が成長している様子を蛍光顕微鏡でとらえた、ポリグルタミン病の発症に関わる新たな分子メカニズム

異常に伸びたグルタミン鎖(ポリグルタミン)を含む原因遺伝子産物は、不溶性の線維構造を作り神経細胞に蓄積して、細胞が障害を受けます。さらに、この際、細胞の機能をつかさどっているさまざまなタンパク質を巻き込み、病気の進行が強まることになると考えられます。

すなわち、この成果は、タンパク質間で進む線維構造の伝播を制御できると、ポリグルタミン病の症状を遅らせうることを示唆しています。

今後、神経変性疾患の治療法開発のための新たな手法を提供するものと注目されます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター
構造神経病理研究チーム
チームリーダー 貫名 信行(ぬきな のぶゆき)
基礎科学特別研究員 古川 良明(ふるかわ よしあき)
Tel: 048-467-9702 / Fax: 048-467-4796