広報活動

Print

2009年5月18日

独立行政法人 理化学研究所

アレルギー性接触皮膚炎に亜鉛輸送体が関与していることを発見

-香水、金属、ハウスダストなどのアレルギー性接触皮膚炎の治療薬開発に貢献-

正常マウスと Znt5欠損マウスの比較

乾電池材料やメッキなどに活用されている亜鉛は、わたしたちの生命維持に欠かせない元素の1つです。生体内では成長や、免疫能、味覚や嗅覚、中枢神経の機能、精子の活動性などとさまざまな機能に関与しています。

生体に必要な亜鉛の量は、微量なものですが、欠乏すると成長障害、神経系の異常、免疫不全などを引き起こすことが、分かってきています。

また、亜鉛と結合することで機能する、転写因子や酵素、シグナル伝達物質などのタンパク質が、300種以上あると考えられています。

生体に必須な亜鉛は、細胞内で亜鉛輸送体の働きにより亜鉛濃度が調整され、一定の状態を維持することで、生命の健全性を確保しています。

免疫・アレルギー科学総合研究センターサイトカイン制御研究グループの平野俊夫グループディレクターらは、大阪大学、国立成育医療センター研究所、東京大学と協力し、この亜鉛輸送体が、アレルギー性接触皮膚炎の発症に重要な役割を果たしていることを発見しました。

この発見は、細胞内の亜鉛濃度を人為的に制御することで、アレルギーの発症をコントロールし、アレルギー性接触皮膚炎の治療が可能な新薬開発の期待を高めることになります。

香料、制汗剤などの化粧品、時計、ネックレス、ピアスなどの金属類とともに、ダニやホコリなど、皮膚との接触で「かぶれ」が発症する、アレルギー性接触皮膚炎から開放される日が近いかもしれません。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
サイトカイン制御研究グループ
グループディレクター 平野 俊夫(ひらの としお)
Tel: 045-503-7056 / Fax: 045-503-7054