広報活動

Print

2009年6月2日

独立行政法人 理化学研究所

美味しそうな匂いを伝える嗅覚神経回路を同定

- ゼブラフィッシュはアミノ酸がお好き! -

(上)トランスジェニックゼブラフィッシュ成魚におけるGFPを発現する嗅細胞の投射先、(下)ゼブラフィッシュはアミノ酸(好物)への誘引反応を示す

私たちの五感の1つ「嗅覚」は、食べ物や個体の識別、危険の回避、生殖活動の誘発など、動物の生存にとって不可欠な感覚です。嗅覚が正常に機能するためには、匂いの分子を高感度なセンサー(感覚神経細胞による受容)がキャッチし、その情報を嗅神経線維を介して脳の入り口にある嗅球へと、そして、高次の嗅覚中枢へと伝えることが必要です。また脳は、経験やほかの感覚入力の情報などを加味して、匂いを認識・識別・記憶、さらには情動を誘起したりもします。

1991年、米国・コロンビア大学のアクセル博士とバック博士が嗅覚受容体遺伝子群を発見、嗅覚研究は急速に発展しました。しかし、「好き」な匂いへの誘引反応や「嫌い」な匂いからの忌避反応といった、匂いで喚起される行動を支配する神経配線の様子については、ほとんど分かっていませんでした。

脳科学総合研究センターシナプス分子機構研究チームは、国立遺伝学研究所と協力し、熱帯魚ゼブラフィッシュの好きな匂いへの誘引行動に必要な神経回路を、世界で初めて同定しました。具体的には、特定の嗅覚神経回路を可視化したり、遮断することができるゼブラフィッシュを作製し、鼻から嗅球の外側へと結合する神経配線が、好きな匂いへの誘引行動に欠かせないことを解明しました。今回同定した「好きな匂いを伝える神経回路」は、匂いによる感情発現の仕組みを探る重要なヒントになると期待できます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター シナプス分子機構研究チーム
チームリーダー 吉原 良浩(よしはら よしひろ)
Tel: 048-467-1699 / Fax: 048-467-2306

研究員 小出 哲也(こいで てつや)
Tel: 048-462-1111(内線7224) / Fax: 048-467-9689