広報活動

Print

2009年6月16日

独立行政法人 理化学研究所

アルコール性急性膵(すい)炎の治療に有効なターゲットを発見

2型、3型IP3レセプターが、カルシウム濃度を過剰化、膵炎発症の原因に

FAEEの1つ「パルミトレイン酸エチルエステル(POAEE)」 は酸性のカルシウム貯蔵庫からのカルシウム放出を引き起こす

急性膵(すい)炎の発症原因の1つとして、アルコール依存症の患者に多く見られるアルコールの多量摂取が挙げられます。アルコー ルの毒性により、膵臓を構成している細胞内で消化酵素が異常に活性化し、部分的に膵臓そのものを消化し始め、急性膵炎が発症することが知られています。具体的には、アルコールと脂質を材料に脂肪酸エチルエステル(FAEE)という化合物が作られ、このFAEEが膵臓細胞内のカルシウム濃度を過剰に上昇させ、トリプシンなどの消化酵素を活性化させるとされています。しかし、詳細な分子メカニズムは不明のままで、膵炎の特効薬が存在しない状況が続いています。

脳科学総合研究センターの発生神経生物研究チームは英国・リバプール大学と共同で、アルコール誘発性の急性膵炎の発生初期にイノシトール三リン酸受容体(IP3レセプター)が重要な役割を果たしていることを突き止めました。アルコールの刺激によってFAEE量が増加すると、細胞内のカルシウム貯蔵庫から2型、3型のIP3レセプターを通ってカルシウムが細胞質に放出していました。これらのレセプターを欠損させたノックアウトマウスを用いた実験で、FAEEの毒性が減少することを見いだし、 2型、3型IP3レセプターが急性膵炎の原因となるカルシウム濃度上昇と消化酵素の活性化を引き起こすことを決定づけました。

最近、アルコール依存症から急性膵炎を発症する例が増えています。今回の発見で、2型、3型のIP3レセプターの働きを抑えることでアルコールによる有害なカルシウム濃度の上昇と消化酵素の活性化を人為的に止めることが可能となることが示唆されました。この発見は、膵炎の特効薬の開発につながると期待されます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 発生神経生物研究チーム
チームリーダー 御子柴 克彦(みこしば かつひこ)
Tel: 048-467-9745 / Fax: 048-467-4744