広報活動

Print

2009年9月15日

独立行政法人 理化学研究所
独立行政法人 科学技術振興機構
国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学

妊娠中の胎盤に影響大の小胞体ストレス応答機能を発見

-小胞体ストレス応答分子のIRE1αは胎盤の発達に必須な役割を持つ-

野生型マウスとIRE1αを欠損させたマウスの胎盤と胎児

台風や異常気象などの自然環境の急変や学校のテスト、失恋など私たちは、さまざまなストレスを受ける状況にさらされています。このストレスは、小さな細胞の世界でも存在し、細胞小器官の1つである小胞体は、機能的な負担や障害を受けるとストレスを生じます。

この小胞体は、生物が生きていくために欠かせない分泌タンパク質や、情報伝達に重要な働きをする膜タンパク質などの加工工場として機能しています。そのため、小胞体の機能障害は生命活動に影響し、神経疾患のアルツハイマー病や生活習慣病の糖尿病など、難病との関係が報告されてきました。しかし、健康体でも存在する小胞体ストレスの機能は謎のままでした。

基幹研究所の岩脇独立主幹研究ユニットと科学技術振興機構さきがけの研究グループ、奈良先端科学技術大学院大学の研究グループらは、小胞体ストレスの軽減にかかわっている分子の1つである「IRE1α」が、妊娠中のマウスの胎盤で胎児の生死を左右する重要な機能を持つことを、世界で初めて発見しました。

IRE1は、小胞体ストレスを感知すると、小胞体ストレス解消に働く遺伝子の発現を活性化することができる分子として知られています。 このIRE1は、酵母からヒトにいたる小胞体で見つかっており、酵母ではこの1種類しか知られていませんが、ほ乳類ではIRE1αとIRE1βの2種類があります。

この研究では、小胞体ストレス可視化マウス、 IRE1αの遺伝子欠損マウス、IRE1αの遺伝子条件的欠損マウスと、3種類の遺伝子改変マウスを作製し、妊娠中のマウスの胎盤が軽度の小胞体ストレス状態にあることや、胎盤の発達や機能に必須であることを突き止めました。今後は、妊娠中の過度な小胞体ストレスと流産の危険性を解明する研究や、畜産産業などに影響を与える研究への発展が期待されます。

理化学研究所
基幹研究所 岩脇独立主幹研究ユニット
独立主幹研究員 岩脇 隆夫(いわわき たかお)
Tel: 048-467-9477 / Fax: 048-467-8503