広報活動

Print

2009年9月22日

独立行政法人 理化学研究所
独立行政法人科学技術振興機構
国立大学法人東京大学

劣悪環境に応答する植物ホルモン「アブシジン酸」の応答経路を解明

-植物の環境ストレス耐性の制御機構が明らかに-

明らかにしたABAシグナル伝達のメカニズム

植物は、生育環境が悪化したり、病害虫の脅威などにさらされても、根を下ろした場所から移動することができません。そのため、劣悪環境への耐性を備え、病虫害への抵抗性を高めるなどして、環境の変化に適応しています。このとき中心的な役割を果たす物質の1つが、植物ホルモンの「アブシジン酸(ABA)」です。例えば、ABAは、乾燥などのストレスで合成量が増加し、葉の気孔を閉鎖して水損失を防ぐことなどが知られています。しかし、ABAの具体的なシグナル伝達経路は長い間、不明のままでした。

植物科学研究センター機能開発研究チームと基幹研究所中野生体膜研究室は、科学技術振興機構、東京大学らの研究グループとともに、ABAのシグナル伝達経路を世界で初めて解明しました。タンパク質脱リン酸化酵素の1つ「PP2C」が、タンパク質リン酸化酵素の「SnRK2」と相互作用して、シグナル伝達経路のON/OFFを制御していることが分かりました。また、ABAが受容体に作用してから環境ストレス耐性遺伝子が発現するまでの伝達経路も明らかとなりました。

ABAのシグナル伝達経路の解明は、ABAがかかわる生理現象の理解に貢献するだけでなく、ABAシグナルを人為的に制御する技術の確立を容易にし、干ばつや冷害、塩害などに強い作物の開発、穂発芽の抑制といった穀物の品質向上などへの応用が期待できます。

理化学研究所
植物科学研究センター 機能開発研究チーム
研究員 梅澤 泰史(うめざわ たいし)
Tel: 029-836-4359 / Fax: 029-836-9060

基幹研究所 中野生体膜研究室
専任研究員 平山 隆志(ひらやま たかし)
Tel: 045-508-7220 / Fax: 045-508-7363