広報活動

Print

2009年9月24日

独立行政法人 理化学研究所
大学共同利用機関法人基礎生物学研究所

細胞内リサイクルシステム“オートファジー”が細胞死を抑制

-植物の細胞死促進の原因が、過剰なサリチル酸シグナリングと判明-

オートファジーはサリチル酸シグナルによって誘導される

近年、私たちの社会ではゴミ処理・リサイクル問題が話題となっています。物を作るばかりで、その廃棄や、限られた資源の有効なリサイクルの方法を見いだせなければ、私たちの生活は破綻してしまいます。一方、生体内では、細胞内タンパク質・構造体の合成と分解を絶えず行い、それらのバランスを見事にとりながら生命を支えています。ほとんどのタンパク質は合成されてからある期間機能した後に分解されますが、タンパク質は決してただのゴミになるわけではありません。

生体は、不良品・老廃物の消去(処理)によってタンパク質などの品質を管理し、常に新鮮な状態を保っています。従って細胞内分解システムの1つ、オートファジー(自食作用)は、生命維持において非常に重要な機能と考えられています。植物でもオートファジーの存在が古くから知られてましたが、その生理的役割についてはほとんど明らかとなっていませんでした。

理研植物科学研究センターの植物免疫研究グループは、植物においてオートファジーはサリチル酸シグナリングを負に制御する働きがあり、それによって細胞死を抑制していることを世界で初めて明らかにしました。研究グループは、オートファジー機能を失ったシロイヌナズナ変異体を単離し、その変異体が示す細胞死促進の原因を明らかにすることでオートファジーの植物における役割に迫りました。網羅的な植物ホルモン解析の結果を手がかりに、オートファジー不能植物における細胞死促進の原因は、過剰なサリチル酸シグナリングであること、またそのシグナルによってオートファジーが誘導されることを発見しました。今後、さらなる解析から、オートファジーを巧みに操作することで、長寿植物あるいは病害に抵抗性を示す作物の開発が期待されます。

理化学研究所
植物科学研究センター 植物免疫研究グループ
グループディレクター 白須 賢(しらす けん)
Tel: 045-503-9445 / Fax: 045-503-9573

植物科学研究センター 植物免疫研究チーム
基礎科学特別研究員 吉本 光希(よしもと こうき)
Tel: 045-503-9444 / Fax: 045-503-9573