広報活動

Print

2009年10月26日

独立行政法人 理化学研究所

病原体などを認識するヒトIgM抗体の受容体遺伝子「FcμR」を発見

-30年以上不明だったIgM抗体の受容体の遺伝子が明らかに-

IgM抗体の受容体(FcμR)によるIgMのHela細胞内への取り込みを確認

ウイルスや細菌などの病原体が侵入すると、私たちの体は身を守る免疫応答を発揮します。この免疫応答とは、病原体を認識し、病原体に直接結合する抗体を生産するシステムです。免疫システムは、病原体が侵入するとまず免疫グロブリンM(IgM抗体)を作って抵抗力を高め、感染の初期防御に努めます。抗体は、病原体に結合して不活性化するだけでなく、さまざまな免疫細胞表面の受容体と結合して病原体を細胞内部に取り込み、分解までも行います。しかし、IgM抗体に特異的に結合する受容体は、30年以上も前に存在が知られていましたが、その遺伝子は同定できていませんでした。

FcμR の分子構造とIgMの刺激でシグナルが伝達する様子

米国アラバマ大学と免疫・アレルギー科学総合研究センターの免疫系構築研究チーム、免疫多様性研究チームは、 このIgM抗体の受容体遺伝子「FcμR」を世界で初めて発見しました。

研究グループは、IgM抗体の受容体を発現することで知られている慢性リンパ性白血病細胞からcDNAライブラリーを作製し、マウスT細胞株のBW5147へこれらの遺伝子を導入しました。IgM抗体と結合した細胞だけをセルソーターで選定した結果、IgM抗体受容体の遺伝子「FcμR」を単離・同定することに成功しました。

FcμR遺伝子の発見で、IgM抗体の受容体を介して発動する免疫機構を解明することができると期待されます。さらに、今まで原因不明であった免疫疾患と受容体FcμRの異常との関係を解明し、新たな治療への応用が可能になるものと注目されます。

理化学研究所
免疫アレルギー研究センター
免疫多様性研究チーム チームリーダー
王 継揚 (おう けいよう)
Tel: 045-503-7042 / Fax: 045-503-7040