広報活動

Print

2009年11月11日

独立行政法人 理化学研究所

内耳の神経回路形成に重要な役割を持つ膜タンパク質「SLITRK6」を発見

-新たなニューロトロフィン調節因子として機能-

正常マウス(+/+)およびSLITRK6欠損マウス(-/-)由来のラセン神経節(SG)と蝸牛感覚上皮(SE)同時培養。

触覚、視覚など人が外界の様子を知る感覚のうち、耳は聴覚や、平衡感覚の働きを担う重要な器官です。耳の最奥にある内耳は、聴覚にかかわる蝸牛、平衡感覚にかかわる前庭・三半規管などからなり、これらの構造が機能を持つには、独自の神経回路を形成することが欠かせません。

これまでの研究から、感覚上皮の中にある有毛細胞が感覚情報を最初に受け取り、その情報を内耳の神経節にある神経細胞を介して脳へ伝える、という神経回路が明らかとなっています。この内耳の神経回路は、発生の過程で、感覚上皮に向かって神経節から神経突起が伸び、シナプスを作ることで、形成されることが分かっています。この神経突起の伸長には、ニューロトロフィン(神経栄養物質)と呼ばれる分泌性タンパク質がかかわっていることが知られています。

脳科学総合研究センター行動発達障害研究チームらは、主に脳の神経系に存在する細胞膜貫通型タンパク質SLITRKファミリーの「SLITRK6」 が、内耳の神経回路の形成に重要な役割を持つことを発見しました。SLITRK6は、 脳以外の組織でも発現し、内耳の感覚上皮にも存在しています。研究グループは、このSLITRK6の役割を調べるため、 ES細胞を使った遺伝子組み換え手法で、SLITRK6を欠損させたマウスを作製して、内耳の異常を解析しました。その結果、神経節から感覚上皮への神経突起の数が減少し、ニューロトロフィンの発現量が低下していました。このSLITRK6欠損マウスの神経節にニューロトロフィンを加えると、神経突起が正常マウスと同程度となりました。 これは、SLITRK6が内耳のニューロトロフィン量を調節することで、内耳の神経回路形成に関与していることを示しています。

これらの発見は、感音性難聴の発症機構の理解や治療法の改善に役立つと期待されています。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 行動発達障害研究チーム

チームリーダー 有賀 純(あるが じゅん)
Tel: 048-467-9791 / Fax: 048-467-9792