広報活動

Print

2010年2月23日

独立行政法人 理化学研究所

皮膚アレルギーの火消しは、炎症患部から大量移動する制御性T細胞

―光で色が変わるカエデマウスを使って皮膚免疫炎症抑制の新メカニズムを発見―

皮膚炎症終息の模式図

皮膚免疫炎症あるいは皮膚アレルギーは、生体をウイルスや異物の侵入から身を守る免疫システムが過剰に反応し、なかなか正常に戻らない疾患の1つです。痒みが止まらずイライラが続くなど、この疾患の克服は社会的課題となっています。しかし、全身レベルでの免疫系を対象にした研究は進んでおらず、疾患の発症や慢性化のメカニズムの全体像は不明なままです。

免疫・アレルギー科学総合研究センター自己免疫制御グループは、京都大学、オックスフォード大学などとの国際共同研究で、皮膚炎症の火消しには炎症部からリンパ系に大量移動する制御性T細胞が重要であることを発見しました。私たちの身体の免疫システムは、皮膚や腸管などの末梢組織とリンパ節を含むリンパ系の間を、さまざまな免疫細胞が行き来して成立しています。研究グループは、紫色の光を照射すると緑から赤に変色する光変換蛍光パンパク質「カエデ」を導入した「カエデマウス」を開発しており、今回、皮膚からリンパ系へ移動する免疫細胞の種類、数、タイミング、役割の解明に挑みました。

皮膚炎症終息の模式図

その結果、皮膚炎症時には、移動する制御性T細胞が約20倍に増加することや、もともとリンパ節に存在する制御性T細胞に比べて約10倍の免疫応答抑制活性を示すこと、制御性T細胞を4分の1に減らすと炎症が治まらないことなどが判明しました。皮膚炎の終息、火消しには、大量に移動する制御性T細胞が必要だったのです。皮膚疾患、アレルギー疾患の克服につながる重要な知見が得ることができたと期待されます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
自己免疫制御研究グループ
上級研究員 戸村 道夫(とむら みちお)
Tel: 045-503-9699 / Fax: 045-503-9697