広報活動

Print

2011年4月4日

独立行政法人 理化学研究所

免疫反応を沈静化する抑制性サイトカインIL-10の産生メカニズム発見

-時計遺伝子の転写因子E4BP4が、免疫反応の抑制を制御する-

E4BP4欠損(KO)マウスで発症する炎症性大腸炎

私たちの体には、外部から細菌やウイルス、カビなどが侵入してくると、これら異物を察知して排除する免疫システムが備わっています。実際に異物が侵入すると、炎症性サイトカインという免疫反応を増強させる情報伝達物質が産生され、こうした異物を攻撃します。しかし、この攻撃が過剰になると、自らの正常な細胞までも攻撃してしまう自己免疫疾患を発症してしまうため、免疫反応を抑制する抑制性サイトカインの存在が非常に重要です。なかでも、IL-10という抑制性サイトカインは、免疫反応の司令塔的役割を持つさまざまなT細胞(Th2細胞、NKT細胞、抗原刺激を受けたTh1細胞など)が産生することが知られていますが、詳細な産生メカニズムは不明なままでした。

免疫・アレルギー科学総合研究センター シグナル・ネットワーク研究チームらは、マウス由来のTh1細胞を慢性的に抗原刺激して遺伝子発現パターンを解析し、このIL-10が、時計遺伝子の転写因子「E4BP4」によって制御されていることを発見しました。また、相同組み換え技術でE4BP4を欠失させたT細胞を作製し、IL-10の産生を観察したところ、Th2細胞、NKT細胞、記憶型T細胞、制御性T細胞、抗原刺激したTh1細胞のいずれもIL-10を産生しないことを見いだしました。さらに、このE4BP4欠失マウスでは、免疫反応の抑制が効かず、大腸炎を引き起こしやすいことも分かりました。

この一連のメカニズムの解明は、炎症の慢性化が深く関わる動脈硬化性疾患、アルツハイマー病、自己免疫疾患といった難治性疾患に対して、新しい治療の実現や根本的な予防を提案するものと期待できます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
シグナル・ネットワーク研究チーム
チームリーダー 久保 允人(くぼ まさと)
Tel: 045-503-7047 / Fax: 045-503-7046