広報活動

Print

2012年1月30日

独立行政法人 理化学研究所

抑制性シナプス形成に重要なタンパク質を発見

-脳機能における抑制性シナプスの役割解明に手掛かり-

図 SLITRK3とPTPRDの結合が抑制性シナプスの形成を促進する(シナプスと分子構造の模式図)

しゃべりだすと止まらない人がいますよね。暴走して周りを辟易させるのですが、何故か友人には冷静沈着な人がいて隣で時折ブレーキをかける。それで結構、バランスがとれていることってありません?

人間の脳で神経細胞間の情報の受け渡しという重要な役割を担っているのがシナプスです。このシナプスにも機能的に「興奮性シナプス」と「抑制性シナプス」があるそうです。普通は両方のバランスがとれているのですが、てんかんのようないくつかの神経疾患ではバランスが乱れるのではないかと考えられています。これまで、興奮性シナプスについては多くのことが分かってきたのですが、抑制性シナプスがどう形成されるかについてはあまり理解が進んでいませんでした。

脳科学総合研究センターの研究チームは、抑制性シナプスの謎を解くため、脳神経回路の形成に関わるシナプス膜タンパク質のひとつ「SLITRK3」に着目し、培養細胞やラットを使った実験を行いました。その結果、 SLITRK3が興奮性シナプスには影響を与えずに、抑制性シナプスの形成を促進することを突き止めました。

SLITRK3を欠損させたマウスを使った実験では、抑制性シナプスの活動に関わる信号が減少し、一方で興奮性シナプスの活動に関わる信号には変化がありませんでした。このことから、てんかんなど神経細胞の過剰な活動が起こるのは抑制シナプスの機能が失われたためと推測することができます。抑制性シナプスの形成や維持に関わる分子機構の解明が進めば、神経細胞の過活動で起きる病気の理解や病状の改善に役立つと期待できます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 疾患メカニズムコア 行動発達障害研究チーム
チームリーダー 有賀 純(あるが じゅん)
Tel: 048-467-9791 / Fax: 048-467-9792