広報活動

Print

2012年2月10日

独立行政法人 理化学研究所

制御性T細胞はFoxp3発現を記憶する

-免疫疾患の新たな治療法開発を後押しできる成果-

ナイーブT細胞の活性化に伴う一過的なFoxp3の発現

車の運転の基本はアクセルとブレーキのバランスです。アクセルを踏み込みすぎると事故を起こす危険性が高まり、かといってブレーキをかけすぎると車の流れに乗れない。ビジネスの進め方でも同じことが言えるようで、攻め一点張りではなかなか目的を達成するのは難しいようです。

さて、細菌やウイルスから生体を守る免疫システムにも同じようにアクセルとブレーキの役目をはたす細胞があります。免疫応答を促進するアクセル役の「ヘルパーT細胞」と、応答を抑制するブレーキ役の「制御性T細胞」です。制御性T細胞は、自己免疫疾患やアレルギー疾患、移植臓器への拒絶反応などの原因とされる過剰な免疫応答を抑制する重要な役割を担っていて、 Foxp3という転写因子がその分化と機能を制御すると考えられていました。

理研の免疫研究者は2009年に「ある環境下に置かれた制御性T細胞は、Foxp3の発現を失って免疫応答を促進するヘルパーT細胞に分化する」と報告しました。それまで、制御性T細胞はどんな環境下でも安定的に存在すると考えられていましたから、世界の研究者間の議論を呼ぶとともに、制御性T細胞を使った免疫疾患治療の有効性と安全性にも疑問が投げかけられました。

それで、今回は、蛍光タンパク質マーカーを用いる細胞解析法を使ってFoxp3を発現しているT細胞がどのような細胞に分化するのか、を詳細に調べました。その結果、Foxp3を発現しているT細胞には制御性T細胞のほかにも“非制御性”T細胞が少数含まれていることを発見し、ヘルパー細胞に分化するのは制御性T細胞ではなくFoxp3を一時的に発現する非制御性T細胞であることを突き止めました。また、制御性T細胞の一部にはFoxp3の発現を失ってしまうものもありますが、Foxp3の発現を記憶しており、活性化によって再びFoxp3と抑制活性を発現する“潜在型”制御性T細胞であることが分かりました。また、制御性T細胞はFoxp3遺伝子の発現制御領域をDNA脱メチル化することでFoxp3の発現を記憶し、安定に分化した状態を維持していることが分かりました。

今回の成果は、制御性T細胞の安定性に関する論争に決着をつけるとともに、多様な免疫疾患の治療へ利用できる制御性T細胞の作製・誘導に道を開くものと期待できます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
免疫恒常性研究ユニット
ユニットリーダー 堀 昌平(ほり しょうへい)
Tel: 045-503-7069 / Fax: 045-503-7068