広報活動

Print

2012年2月20日

独立行政法人 理化学研究所

東アジア人集団の肥満の個人差を左右する遺伝子を同定

―肥満や生活習慣病の正確なリスク予測に貢献―

日本人と東アジア人集団でのBMIに対するゲノムワイド関連解析結果

同じ肥満でも、欧米人より日本人など東アジア人のほうが生活習慣病になりやすいってご存知でしたか?実は本当のことです。これでは職場で「クマさんみたいでかわいい!」なんて言われて浮かれているわけにもいきませんね。

どうして東アジア人が軽度の肥満でも生活習慣病にかかりやすいのか?ゲノム医科学研究センターの統計解析研究チームらは、この問題の遺伝的要因の解析に取り組みました。まず、日本人集団26,620人を対象に、大規模なゲノムワイド関連解析を行いました。さらにこの結果を「アジア遺伝疫学ネットワークコンソーシアム」のもと、中国、シンガポール、台湾、韓国、日本の医療研究施設から集められた、東アジア集団27,715人を対象にした同様の解析結果と照合したところ、肥満の指標であるBMIの個人差を左右する東アジア人に特異的な5個の新規遺伝子を同定しました。この中で、「CDKAL1遺伝子」上のSNPが、肥満リスクを上昇させる一方で、2型糖尿病のリスクを減少させることや、「KLF9遺伝子」が、体の大きさの決定に関わる他の遺伝子と相互作用してBMIの個人差に関係することも突き止めました。今回の成果は、東アジア人特有の肥満メカニズムの解明とともに、個々人に合わせたオーダーメイド型医療につながっていくものと期待されます。

理化学研究所
ゲノム医科学研究センター 循環器疾患研究チーム
チームリーダー 田中 敏博(たなか としひろ)
Tel: 045-503-9290 / Fax: 045-503-9289
統計解析研究チーム
客員研究員 岡田 随象(おかだ ゆきのり)
Tel: 03-5449-5708 / Fax: 03-5449-5564