広報活動

Print

2012年3月23日

独立行政法人 理化学研究所

記憶が特定の脳神経細胞のネットワークに存在することを証明

―自然科学で心を研究、心は物質の変化に基づいている―

憶が特定の脳神経細胞のネットワークに存在することを証明

仏文学者マルセル・プルーストの著書「失われた時を求めて」の中で、主人公がお茶に浸したマドレーヌ・クッキーの香りで幼少の記憶を思い出す、というくだりがあります。似たような経験をお持ちの方も多いのでは?

懐かしい思い出や恐ろしい記憶は、時間や場所、経験などあらゆる感覚とともに呼び起こすことができる「記憶の痕跡」として脳に残されているといわれています。神経科学者たちはこれを「エングラム」と呼んでいますが、エングラムが単に概念に過ぎないのか、脳神経細胞のネットワーク内に存在するのかは分かっていませんでした。心は自然科学の研究対象となりうるのか-。世界の脳科学者達が挑戦しています。

こうした中、RIKEN-MIT(マサチューセッツ工科大学)神経回路遺伝学センター(米国)の利根川進センター長を中心とする研究グループは、マウスの脳の特定な神経細胞を光で刺激して、記憶を呼び起こさせることに成功し、「心は物質の変化に基づいている」ことを実証しました。

研究グループは、光照射で特定の神経細胞をオン・オフできる光遺伝学(オプトジェネティクス)をマウスに適用しました。具体的には、新しい環境について学習しているときだけ活性化する脳神経細胞群の活動を、光で制御できるようなトランスジェニックマウスを作製しました。このマウスをある環境下におき、足に軽いショックを与えて、 「この環境はショックがくるぞ」と学習させます。次に別の環境に移し、この記憶に関わる特定の神経細胞に光を照射したところ、マウスは記憶を呼び起こし、怯えた姿勢をとったのです。

この成果は、記憶が特定の脳神経細胞に物理的に存在することを示したばかりでなく、脳の物理的な動きと心の現象の関係解明にも貢献すると期待できます。

理化学研究所
RIKEN-MIT神経回路遺伝学センター(CNCG)
センター長 利根川 進 (とねがわ すすむ)