広報活動

Print

2012年4月3日

独立行政法人 理化学研究所

植物の生命活動に必須なポリアミンの輸送体を発見

-謎だったポリアミン輸送体は「RMV1タンパク質」と判明-

RMV1タンパク質の細胞膜の局在

研究者が日常的に行っている実験の場では、時として求めている結果とは別の「成果」が出る場合があります。もちろん、それまでの経験と実績の積み重ねがないと見逃してしまうこともあるわけですが…。

理研植物科学研究センターの研究者は、植物が活性酸素の影響で受ける酸化ストレスをどう防御しているのか調べるため、モデル植物であるシロイヌナズナを使って、除草剤の成分(メチルビオロゲン)に耐える遺伝子を探しました。その結果、RMV1遺伝子を見つけ、細胞膜に局在するRMV1タンパク質がメチルビオロゲンの輸送体であることも突き止めました。

ここで、終わればそれまでなのですが、研究者はメチルビオロゲンの構造と、あらゆる生物の生命活動に必須な生理活性物質であるポリアミンの構造が似ていることに気付きました。植物では、ポリアミンは形態の形成や花芽の分化といった生理機能に関わり、ストレス応答にも重要な役割を果たしています。そこで、RMV1遺伝子の働きを強めてポリアミンの吸収能力を調べたところ、野生型のシロイヌナズナに比べ約3倍のポリアミンを取り込むことが分かりました。つまり、RMV1タンパク質がポリアミンの輸送体だったのです。研究者のフトした“気付き”が大きな成果につながりました。

今回の成果で、これまで謎だったポリアミンの輸送メカニズムの一端が明らかになりました。今後、ストレス応答や老化の防止など、ポリアミンが持つさまざまな作用の分子メカニズムが解明され、ストレス耐性の付加や作物の増産に貢献すると期待できます。

理化学研究所
植物科学研究センター 機能開発研究グループ
グループディレクター 篠崎 一雄(しのざき かずお)
研究員 藤田 美紀(ふじた みき)