広報活動

Print

2012年4月27日

独立行政法人 理化学研究所

腸内環境のアンバランスが全身の免疫系を過剰に活性化

-腸内環境の改善が自己免疫疾患の症状軽減や予防に役立つ可能性示す-

パイエル板と小腸柔毛内のB細胞、T細胞の様子

「腸内環境を整えることが健康にいい」ということが理解され、腸内細菌への関心が高まっています。善玉菌、悪玉菌という言葉もすっかり定着してきました。腸内細菌は腸の免疫システムを活性化して私たちの健康を保っています。では、腸内細菌と全身の免疫システムの関係はどうなっているのでしょうか。

理研の粘膜免疫研究チームは、「PD-1」という免疫の力を抑える働きがある受容体に着目しました。 PD-1を持たないマウスは免疫反応が暴走して自己免疫疾患を発症します。しかし一方で、このマウスの腸内細菌を取り除くと自己免疫疾患を発症しないことが知られています。研究チームは、PD-1を欠損させたマウスを使って、腸内細菌のバランスに影響を与えるIgA抗体(免疫グロブリンA)というタンパク質や、腸内細菌の様子を調べました。

その結果、 PD-1欠損マウスでは、B細胞を活性化させるヘルパーT細胞が3倍に増加して、 IgA抗体を生むB細胞を正しく選択できなくなり、腸内細菌との結合力が弱いIgAができてしまうことが分かりました。これにより腸内細菌のバランスが変化して、善玉菌のビフィズス菌はほぼなくなり、悪玉菌のエンテロバクター菌が400倍に増えていました。さらに、炎症を誘導するヘルパーT細胞が4倍に増加し、通常は腸管だけにある腸内細菌に対する抗体が血液中からも検出されました。このことは、腸内環境がバランスを崩すと全身の免疫系をも過剰に活性化させることを意味し、自己免疫疾患の病態を悪化させる可能性を示します。

腸内環境が全身の免疫系へ及ぼす影響の詳細がさらに解明されると、自己免疫疾患の有効な治療法の開発につながることが期待されます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
粘膜免疫研究チーム チームリーダー
Sidonia Fagarasan(シドニア ファガラサン)