広報活動

Print

2012年5月28日

独立行政法人 理化学研究所
独立行政法人 国立がん研究センター
独立行政法人 医薬基盤研究所

肝臓がん27例の全ゲノムを解読

-多様なゲノム変異は肝炎ウイルスや飲酒などとも関連-

27例の肝臓がんのクロマチン制御遺伝子の変異の有無

肝臓がんは、日本、中国などアジア地域とアフリカ地域で多く発症しているがんで、世界全体の死亡率も、肺がん、胃がんに次いで第3位に挙げられています。最大の原因は肝炎ウイルスで、B型やC型ウイルスによる慢性肝炎から、肝硬変を経て発症するケースが多いようです。さまざまな治療が施されていますが、まだ十分ではなく、分子機構の解明による新たな治療法の確立が求められています。

こうした中、理研ゲノム医科学研究センターの研究者らは、肝臓がんをゲノム変異が蓄積する「ゲノムの病気」と捉え、超大量のヒトゲノム塩基配列の解読が可能な次世代シーケンサーを使い、ゲノム変異の解析に取り組みました。

研究グループは、27例の肝臓がんについて、腫瘍のDNAと血液からの正常なDNAの全塩基配列(約30億塩基対)を解析しました。その結果、1つの腫瘍あたり平均で1~数個変異するポイント変異というものが約11,000カ所、数百~数千万塩基にわたって変異するゲノム構造異常が21カ所見つかりました。これを塩基配列の置換パターンに着目して全ゲノムで見ると、がんの原因である肝炎ウイルスや飲酒の習慣などの影響を受けていることが分かりました。また、27例中16例において、クロマチン制御に関わる10個の遺伝子のうち1つ以上の変異が起きていることも分かりました。

クロマチン制御機構の異常が約6割の肝臓がんで認められたことから、今後はこれを標的にした新たな治療法や予防法の開発が期待できます。

理化学研究所
ゲノム医科学研究センター
バイオマーカー探索・開発チーム
チームリーダー 中川 英刀(なかがわ ひでわき)