広報活動

Print

2012年5月29日

独立行政法人 理化学研究所

栄養素を運ぶタンパク質「NRT1.2」が植物ホルモンも運ぶことを発見

-植物ホルモン受容体の複合体形成を利用して、その輸送体を網羅的に探索-

酵母two-hybrid系を利用した輸送体の同定

動物と同じように植物にもホルモンがあるようです。これらは動物のホルモンとは区別され「植物ホルモン」と呼ばれています。とすると、植物にもホルモンバランスの乱れなどがあるのでしょうか?バランスが崩れると肌荒れならぬ、花の色の乱れにつながったりして…。

それはともかく、植物ホルモンも作られた場所から必要とされている場所へ運ばれなければ何の意味もありません。その運搬役が「輸送体」です。しかし、輸送体はこれまでほとんど見つかっていません。そこで植物科学研究センターの研究者を中心とした共同研究グループは、輸送体の発見方法の開発に乗り出しました。

共同研究グループは、気孔の閉鎖に必要な植物ホルモンであるアブシシン酸(ABA)の受容体が、ABAを認識すると特定のタンパク質と複合体を作ることに着目し、この性質をセンサーとして利用した発見方法を開発しました。実際にこの方法を使って、栄養素(硝酸)を運ぶタンパク質「NRT1.2」がABAの輸送体でもあることを発見しました。この発見により、植物内で硝酸とABAの物質輸送を同時に変化させることで、ストレス耐性の付与と硝酸輸送を変化させ、より高度な生長制御が可能になると想定されます。

この輸送体発見法は、植物の生長を制御するジベレリンや、傷害や病害防止に欠くことができないジャスモン酸など、まだ輸送体が発見されていない植物ホルモンにも応用が可能です。また、これらの植物ホルモン輸送体の機能を改変することで、農作物の増産も可能になると期待できます。

理化学研究所
植物科学研究センター 適応制御研究ユニット
チームリーダー 瀬尾 光範(せお みつのり)