広報活動

Print

2012年6月6日

独立行政法人 理化学研究所
独立行政法人 国立がん研究センター

体を傷つけず、PETで難治性乳がんを診断

-診断と治療を同一薬剤で行うセラノスティックスの実現へ-

HER2陽性乳がん転移巣におけるトラスツズマブPETプローブの集積

乳がんは、日本の女性の部位別がん罹患率第1位です。その中でも転移・再発率が高く、治りにくいのが「HER2陽性乳がん」で、全体の20~30%を占めます。HER2陽性乳がんは、がん細胞の表面にHER2タンパク質をもっているのですが、近年、これを狙い撃ちする抗体医薬「トラスツズマブ」が開発され、乳がんの治療を大きく変えました。トラスツズマブはHER2タンパク質に結合して乳がん細胞の増殖を抑え、高い治療効果があるとされています。

現在、がんの早期発見に用いられているPET検査は、がん細胞が糖を大量に消費する性質を利用しています。まず、糖に似た化合物を放射性同位体で標識(PETプローブ化)し、患者さんに投与します。このPETプローブが体をめぐり糖代謝の盛んな細胞に取り込まれるので、悪性度の高い腫瘍を可視化、診断できます。ただ、がん細胞がHER2陽性か陰性かなどの詳細な情報はこのPET検査では分からないため、患部を針で刺して細胞を採取する針生検が必要でした。

分子イメージング科学研究センターの研究者は、トラスツズマブをPETプローブに用いて、HER2陽性がん細胞を画像診断する手法を開発しました。被ばく量が小さい銅の放射性同位体(64Cu)で標識したため、従来のPET検査とほぼ同等の被ばく量でトラスツズマブの体内での動きを追跡できます。実際に、トラスツズマブで治療中の患者さん14症例で臨床試験を行った結果、HER2陽性乳がんの原発巣、骨・脳などへの転移、治療に伴うがん組織の縮小を確認しました。

治療薬そのものをイメージ診断薬として用いることで、診断、治療、予後観察の一連の医療を統合する「セラノスティックス」の実現の可能性を示したことになります。

今後は、画像診断の確実性の向上、他のがん種への応用を進め、早期の実用化を目指します。

理化学研究所
分子イメージング科学研究センター
センター長 渡辺 恭良(わたなべ やすよし)