広報活動

Print

2012年6月14日

独立行政法人 理化学研究所
住友化学株式会社

ヒトES細胞から立体網膜の形成に世界で初めて成功

-網膜難病の治療や原因解明の研究を飛躍的に加速-

ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞を利用した再生医療は、今、最もホットな研究分野です。世界の先端医療研究機関同士の熾烈な先陣争いが始まっています。

眼の網膜は脳などと同様に中枢神経組織から生まれますが、再生力が弱く、網膜色素変性症など重い疾患にかかると自然回復は見込めません。このため、幹細胞などによる組織再生技術の開発が待たれています。

理研発生・再生科学総合研究センターは住友化学株式会社生物環境科学研究所と共同で、ヒトES細胞から、眼組織の基となる「眼杯」と呼ばれる網膜組織を試験管内で立体形成することに世界で初めて成功しました。また、この立体網膜組織を数週間~十数週間培養し続けることで、神経網膜の主要細胞である視細胞、神経節細胞、介在神経細胞などを含む、複雑で多層化した構造を持つ網膜組織の立体形成にも成功しました。さらに、このヒトES細胞から形成した立体網膜組織をあまり傷つけずに液体窒素中で凍結保存する方法も確立しました。

2011年に研究グループは、胚組織の発生を試験管内で再現する「自己組織化による立体培養技術」を使って、マウスES細胞から眼杯を試験管内で形成しています。今回は、この技術をベースに改良を加えて、ヒトES細胞からの形成にも成功しました。

今回の成果は、多能性幹細胞からヒトの網膜組織を人工的にかつ大量に産生し、保存・供給する技術体系の確立につながります。高度な機能再生を目指す「次々世代の再生医療」の実現と、化学物質の安全性評価や創薬の応用を可能にするものと期待できます。

理化学研究所
発生・再生科学総合研究センター 器官発生研究グループ
グループディレクター 笹井 芳樹(ささい よしき)