広報活動

Print

2012年6月21日

独立行政法人 理化学研究所

君は君、我は我なり、他人の価値観を学ぶ脳機能の解明

-人はどうして、多様な価値観を持つ他人に対応できるのか?-

脳を側面から見た断面図(左)と今回の研究の主な脳活動(右)

空気が読めない人のことを「KY」と称したり、恋人の心変わりに気付かなかったり…。ことほど左様に他人の心や行動を予測するのは難しいものです。とはいえ、私たちが社会生活を送る中で、割と無意識にこなしている作業ともいえます。さて、私たちは他人の心をどうやって理解しているのでしょうか?

実はこの問題は古くから議論されていて、大きく2つの説に分かれていました。一方は他人の心のプロセスを自分のプロセスとして再現する「シミュレーション説」、他方は他人が何に反応するかのパターンを学習する「行動パターン説」です。ただ、いずれも科学的な検証が難しく、どちらが正しいのか、人間の脳でどう実現されるのかは解明できていませんでした。

脳科学総合研究センターの研究者らは、ヒトの脳の活動に関わる血流の動きを視覚化できる「fMRI(機能的核磁気共鳴画像法)」を使い、この謎解きに取り組みました。2つの説の脳計算モデルを構築し、30人以上の被験者が他人の価値判断を予測するというfMRI実験を行いました。結果は興味深いものとなりました。どちらかが正しいというのではなく、シミュレーション説と行動パターン説の2つの説を合わせた脳計算モデルが最も適切だと分かりました。さらに、脳活動データをモデル化解析手法で調べると、シミュレーション学習が前頭葉の「自分の価値判断をする」領域と同じ領域で行われ、行動パターン学習は同じ前頭葉でも別の領域で行われていることも突き止めました。つまり、2つの脳機能が補完し合うことによって多様な価値観を持つ他人に応対できるようしている、ということになります。

この成果は、多様な価値観をもつヒトの社会性の一端を科学的に解明しました。将来、政治・経済・社会の問題に対してヒトの脳機能から迫る統合人間脳科学に貢献します。対人関係障害などの疾患の究明や、社会性を持たせたコンピューターやロボットへの応用も期待されます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 心と知性への挑戦コア 理論統合脳科学研究チーム
チームリーダー 中原 裕之(なかはら ひろゆき)
Tel: 048-467-9663 / Fax: 048-467-9643