広報活動

Print

2012年6月26日

独立行政法人 理化学研究所

細菌やウイルスを最初に捕食する免疫細胞を同定

-CD205陽性通常型樹状細胞が獲得免疫応答の始動に関与-

CD205陽性通常型樹状細胞欠損マウスの脾臓(ひぞう)の免疫組織染色

免疫応答には自然免疫応答と獲得免疫応答があります。獲得免疫応答は、例えば風邪の場合、鼻水やくしゃみの段階を過ぎ、高熱が出て咳もひどくなっているときに働いています。免疫応答の司令塔であるヘルパーT細胞がキラーT細胞に命令を出し、ウイルスと戦わせている状態です。この戦いでウイルスに勝つと風邪は治り、同時にウイルスの情報を記憶して次の来襲に備えます。獲得免疫応答は、私たちにとってクレバーで心強い味方です。ただ、どの免疫細胞が病原体を認識し、それをヘルパーT細胞やキラーT細胞に提示して、免疫応答を引き起こしているかは分かっていませんでした。

免疫・アレルギー科学総合研究センターの研究者らは、病原体(抗原)を感知する樹状細胞のうち、通常型樹状細胞の中にあって、膜タンパク質のCD205を発現する「CD205陽性通常型樹状細胞」に着目しました。この樹状細胞がどのような働きをしているのかを確認するため、CD205陽性通常型樹状細胞だけを欠損させた遺伝子改変マウスを作製しました。この欠損マウスと野生型マウスに細菌やウイルスを感染させ、キラーT細胞の生成量を比較しました。その結果、欠損マウスは野生型マウスに比べ、細菌、ウイルスともキラーT細胞の生成量が約4分の1に低下していました。

この結果から、 CD205陽性通常型樹状細胞が細菌やウイルスを捕食して、獲得免疫応答を誘導しキラーT細胞の活性化を促していることが分かりました。

この知見を応用してCD205陽性通常型樹状細胞を効率的に活性化すれば、感染症のワクチン開発など新たな治療法の開発につながることが期待できます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター
樹状細胞機能研究チーム
チームリーダー 佐藤 克明(さとう かつあき)