広報活動

Print

2012年8月28日

独立行政法人理化学研究所
慶應義塾大学 先端生命科学研究所

ヒトの血液から簡単に「体内時刻」を調べる手法を確立

-採取した血液から体内時刻のズレを検出可能に-

図 ヒト体内時刻推定の結果。いずれの被験者でも既存法と分子時刻表法との誤差が最大3時間以内で体内時刻が推定できた。

勉強、食事、睡眠、自由時間-。円グラフに絶対不可能な計画を書き込んだ夏休みの学習帳を思い出しますね。1日目の夜更かしでいきなりアウトだったりして…。

さて、ヒトの体の中には 1 日24時間のリズムがあります。これが体内時計です。この体内時計の刻みかたは人それぞれに違います。体内時計が指す時刻は健康な人でも5~6時間のズレ幅で個人差があり、仕事の時間帯が固定してない人はその幅が10~12時間になるそうです。時差ぼけや睡眠障害のような体内時計の異常(リズム障害)は、働きかたの多様化やストレス過多などもあって増えていますが、ヒトの体内時計が今何時かを調べるには、連続した血液採取のために長時間の滞在が必要でした。

そこで、理研発生・再生科学総合研究センターの研究者らを中心としたグループは、ヒトの体内時刻をより簡単に測定できる手法の開発に取り組みました。

まず、2時間おきに採取した健康な被験者の血液から、24時間の周期で量が変化する代謝産物を突き止め、「分子時刻表」というものを作りました。次に、体内時刻がずれた被験者の血液を採取して代謝産物量を測定、これを分子時刻表と照合して体内時刻を推定しました。その結果、従来の方法で調べた体内時刻とほぼ同じ時刻を推定できることが分かりました。

この方法を利用すれば、簡単に体内時計を診断することができ、治療だけでなくリズム障害に関わる治療薬の開発につながります。また、適切な時間に薬を飲むことで最大の治療効果を得るという「時間治療」においても体内時刻の個人差を調べる方法として利用が期待できます。

理化学研究所
発生・再生科学総合研究センター システムバイオロジー研究プロジェクト
プロジェクトリーダー 上田 泰己(うえだ ひろき)