広報活動

Print

2012年9月6日

独立行政法人理化学研究所

国際プロジェクト「ENCODE」がヒトゲノム機能の80%を解明

―日本から唯一参加の理研OSCは、CAGE法で機能解析に大きく貢献―

DNAへの転写因子結合パターンから予測された転写配列(横軸)とCAGEデータによる転写活性実測値(縦軸)

ヒトゲノム情報は生命体の設計図。これを解読すれば生命の仕組みを解き明かすことができます。こうした中、ヒトゲノム上の、機能領域を網羅する「ヒトDNAの百科事典」の作成を目指す国際プロジェクトである「ENCODE」は、細胞内の全転写物などの遺伝子由来の膨大なデータを収集して解析しました。この結果、ヒトゲノムの80%の領域に遺伝子制御に係る機能があることを明らかになりました。

理研OSCは、独自の遺伝子解析技術「CAGE法」を用いて、ゲノムDNAがRNAに写し出されるときの転写開始点とその発現量をヒトゲノム全体にわたって調べました。その結果、約62,000の遺伝子転写開始点を同定しました。このデータは他のENCODE共同研究機関で解析された転写活性に関するデータとともに転写調節に係るゲノム領域の詳細な解析に役立ちました。 (図は転写活性に関与する転写因子のゲノムへの結合部位と、その転写への影響(転写量の変化)を示しています)。

ENCODEは2003年に米国の国立ヒトゲノム研究所が立ち上げ、米国、英国、スペイン、シンガポール、日本の5カ国32の研究機関が参加しています。今回の研究は、これまでゲノム情報として重視されてきたタンパク質合成に関わる領域だけでなく、それ以外の多様な遺伝子制御機能をになう領域の解明にも焦点があてられました。この成果はヒトゲノムの機能のさらなる解析を可能とする質と量を備えた貴重なデータベースとなります。

理化学研究所
オミックス基盤研究領域 LSA要素技術開発グループ ゲノム機能研究チーム
チームリーダー ピエロ カルニンチ