広報活動

Print

2012年10月1日

独立行政法人理化学研究所

免疫記憶をつかさどる記憶Bリンパ球の産生経路を解明

-いまだに謎が多い免疫記憶のメカニズム解明に貢献-

免疫7日目の記憶Bリンパ球の産生。(A, B)胚中心(点線内)形成時の記憶Bリンパ球産生(矢印)(C, D) Bcl6を欠損したBリンパ球は胚中心を形成しないが記憶Bリンパ球は産生する。

免疫反応は、まず体内に侵入した病原体に反応して抗体が作られ病原体を排除します。同時に、侵入した病原体に対する「免疫記憶」が作られ、同じ病原体が再度侵入するのに備えます。この免疫記憶で中心的な役割を果たすのが記憶Bリンパ球です。

記憶Bリンパ球には、特定の病原体に対して反応が強い高親和性のものと、反応が弱く、類似の病原体に反応しやすい低親和性のものとがあります。ただ、この2つの記憶Bリンパ球が、いつ、どこで、どのように作られるかは不明でした。理研の免疫記憶研究グループとドイツの研究機関(MDC)らは共同で、その産生経路の解明に取り組みました。

共同研究グループは、さまざまな種類があるBリンパ球のなかから記憶Bリンパ球だけを同定する技術開発に成功しました。また免疫反応で重要な役割を担う転写抑制因子Bcl6を B、Tリンパ球だけで欠損させるマウスを初めて作製し、それらを組み合わせて記憶Bリンパ球の産生経路を解析しました。その結果、Bリンパ球、 Tリンパ球でBcl6を欠損させると高親和性記憶Bリンパ球の産生が損なわれました。

しかし、どちらの場合も低親和性記憶Bリンパ球の産生には影響ありませんでした。さらに、記憶Bリンパ球で発現が増強する24個の遺伝子を同定し、これらの遺伝子が発現する時期などを詳細に調べた結果、低親和性記憶Bリンパ球がBcl6の発現が必要な胚中心形成前に産生されることを明らかにしました。これは、免疫記憶が異なった時期に異なった制御機構で確立されることを示し免疫系の恒常性維持の制御機構に関して新たな展開をもたらすものと期待できます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫記憶研究グループ
グループディレクター 竹森 利忠(たけもり としただ)