広報活動

Print

2012年11月21日

独立行政法人理化学研究所

肥満に関わる膜タンパク質GPRC5Bの機能を解明

―脂肪細胞膜上にあるGPRC5Bが脂質代謝を制御する―

GPRC5B遺伝子欠損マウスは肥らず、高いインスリン感受性を示す

肥満は糖尿病や、高脂血症、高血圧症などの発症リスクを高める要因です。生体エネルギーの元となる脂肪の蓄積と消費のバランスの崩れが肥満につながるといわれています。

肥満のメカニズムを理解するためにはエネルギー代謝を調節する仕組みの理解が必要ですが、この仕組みは極めて複雑なため解明が難しいとされてきました。しかし、近年、ヒトゲノムの解析技術が進み、 SNP (一塩基多型)など塩基配列と疾患の関係が明らかになってきています。その成果として1つとして、糖タンパク質「GPRC5B」が肥満に関係することが分りました。ただ、その機能の詳細はまだ明らかになっていません。そこで研究チームは、エネルギー代謝機能の理解に向けGPRC5Bの機能解明に挑みました。

まず、 GPRC5Bのタンパク質複合体を分離・精製して、GPRC5Bに結合する因子を発見しようとしました。その結果、細胞内外の情報伝達を担っているチロシンリン酸化酵素(Fyn)と結合し、Fynの酵素活性がGPRC5Bとの結合によって制御されていることが分りました。また、GPRC5Bの機能や肥満との関連性を探るためGPRC5B遺伝子を欠いたマウスを作製し、野生型マウスと比較しました。高脂肪食を与えると、野生型マウスは肥って2型糖尿病を発症したのに対し、遺伝子欠損マウスは肥らず血糖値も正常な値で、2型糖尿病発症の引き金となる脂肪組織の慢性炎症も発見されませんでした。

これらの結果は、エネルギーの消費と蓄積のバランスが崩れることでGPRC5BによるFynの酵素活性の持続が脂肪細胞の慢性炎症を引き起こすことを示していて、肥満による2型糖尿病の発症メカニズムの理解と治療法の開発に役立つと期待できます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 疾患メカニズムコア 神経膜機能研究チーム
チームリーダー 平林 義雄 (ひらばやし よしお)