広報活動

Print

2012年11月28日

独立行政法人理化学研究所
国立大学法人電気通信大学

素人でも訓練によりプロ棋士と同じ直観的思考回路を持てる

-直観的思考は継続的な練習の積み重ねで養われる-

訓練後に詰め将棋を直観的に解いているときの尾状核の活動

直観を辞書で引くと「判断、推理などの思推作用の結果ではなく、精神が対象を直接に知的に把握する作用」とあります。ちなみに直感は「説明や証明を経ないで物事の真相を心でただちに感じ知ること」です。直観が瞬発的かつ冷静な知覚作用であるのに対し、直感はやや感情的あるいは感覚的といったところでしょうか?ただ、普段、両方を意識して話したり、書いたりすることって少ないですよね。気をつけなければ…と、直感的に思います。

将棋のプロ棋士は瞬時に最適な次の一手を“直観”的に導き出すことができるそうです。これは大脳皮質の奥にある「尾状核」を通る神経回路を使っているからだということを、 2011年に理研を中心とした研究チームが発見しています。でも、それが経験・訓練のたまものなのか、もともと尾状核の働きが良い人がプロ棋士になれたのかは分かっていませんでした。そこで、研究チームは、将棋の経験がない20人に対して、将棋を単純化した25マスで戦う「5五将棋」を使い、4カ月間にわたって訓練を行いました。その結果、5五将棋の詰め将棋問題を短時間に解く能力が顕著に向上し、訓練前にはなかったの尾状核の活動が現れました。また、尾状核の活動の強さと正答率の間に相関のあることも確認しました。訓練初期と訓練後の脳の働きを機能的核磁気共鳴画像法(fMRI)で測定、比較することで明らかになったものです。

ただ、将棋の素人が4カ月間でプロ棋士なみの直観的思考能力を獲得したわけではありません。単純なゲームだったため上達が比較的容易だった可能性もあります。今後、訓練のやり方を工夫することで、直観的思考回路の発達を促す効率的な手法の開発につなげ、今まで困難だった直観的思考回路の教育法の確立が期待できます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 心と知性への挑戦コア 認知機能表現研究チーム
チームリーダー 田中 啓治 (たなか けいじ)