広報活動

Print

2012年12月26日

独立行政法人理化学研究所

自然免疫と獲得免疫の両方を活性化させるがん免疫療法を開発

-生体内樹状細胞の抗原取り込みと成熟を利用し、多様ながん細胞を排除-

ヒト型人工アジュバントベクター細胞の作製

生体を病原体から守る免疫系は自然免疫と獲得免疫とに大きく分けられます。自然免疫はいわば最前線の防衛隊と言えるもので、さまざまな病原体などの異物に反応します。

これに対し、獲得免疫は血液中の毒素分子や小さな病原体、細胞内に入った病原体など特定の抗原を強力に排除します。自然免疫で司令塔の役割を担う樹状細胞は、体内に侵入した抗原を取り込んでその情報をT細胞に提示し、T細胞はその抗原を認識し、攻撃開始するのです。

がんの治療では、これまで、がん抗原だけがもつ小さなタンパク質の破片(ペプチド)を標的にするペプチド療法や、樹状細胞を体外で増やしてがん抗原を添加し、再び体内に入れるという免疫療法が行われてきました。しかし、いずれも十分な成果を得ることができませんでした。

理研の研究者を中心とした共同研究グループは、NKT細胞と樹状細胞を用いて自然免疫と獲得免疫の両方を活性化して、特定のがんを抑制する「ヒト型人工アジュバントベクター細胞(aAVC)」によるがん細胞療法の開発に挑みました。ヒトのがん抗原のタンパク質をコードするメッセンジャーRNA(mRNA)を導入したヒト由来の細胞に、NKT細胞を活性化する「アルファガラクトシルセラミド」という糖脂質を加えてaAVCを作製しました。これをヒト免疫細胞を移植したマウスに投与したところ、自然・獲得免疫の両方が活性化し、T細胞の活発な分裂や増殖を確認しました。これは、投与したaAVCも自然免疫に殺傷されて生体内の樹状細胞に取り込まれ、がん抗原がT細胞に提示されたためです。

aAVCは抗原の取り換えが可能です。多様ながんに対応した細胞療法を実現するための新しい細胞製剤として医薬製剤化が期待できます。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫細胞移植戦略研究ユニット
ユニットリーダー 藤井 眞一郎(ふじい しんいちろう)