広報活動

Print

2013年1月1日

理化学研究所

体の成長を制御するホルモンの新受容体を発見

-正規の受容体への結合を阻害する“おとり受容体”が成長を調節する-

SDRの作用機序の模式図とSDR変異体の表現型の図

SDRの作用機序の模式図とSDR変異体の表現型

SDRは血中でインスリン様ペプチドに直接結合し、細胞膜上のインスリン様ペプチド受容体への結合を阻害して、体の成長を抑制する。血中SDR量に応じて体の大きさが変化する。実際に、SDR機能欠損個体は体が大きくなり、SDR過剰発現個体は小さくなる。

狩猟で「おとり」に使う鳥の模型をデコイ(Decoy)といいます。池や川に浮かべて、仲間がいると勘違いした鳥が集まってくるところを捕まえるのに使います。一方で、アホウドリなど希少な鳥の繁殖促進などの研究にも活用されているようです。

理研の研究者もデコイを発見しました。といっても鳥の模型ではなく、体の成長を制御するホルモンの機能を調節する新しい因子です。研究者はこれを「分泌型おとりインスリン様受容体(SDR;Secreted Decoy of InR)」と名付けました。なぜ“おとり”なのかというと、SDRが体の成長を制御するインスリン様ペプチドというホルモンと直接結合し、“正規の”受容体との結合の邪魔をしているからです。

生物の体は、主にインスリン様ペプチドによってほぼ決められた大きさまで成長し、それ以上は大きくならないように制御されています。研究チームが発見したSDRの欠損変異体では、インスリンに関連するシグナル伝達経路が活性化され、体が大きくなりました。反対にSDRを過剰に発現させると、インスリンに関連するシグナル伝達経路の活性が下り、体が小さくなりました。 興味深いことにSDR欠損変異体を極端に栄養分の少ない培地で育てると、体が大きくなるとともにさなぎ期における致死率が顕著に上昇しました。これは、SDRの欠損により、栄養枯渇状態にも関わらず成長が促進されてしまい、必要な栄養が貯蔵されなかったためと考えられます。このようにSDRは体の成長と栄養貯蔵のバランスを保つのに重要な因子であることが分かりました。今後、哺乳類でも同様なおとり受容体を発見することでインスリンや成長、増殖に関与する疾患への理解が深まることが期待できます。

理化学研究所
発生・再生科学総合研究センター 成長シグナル研究チーム
チームリーダー 西村 隆史(にしむら たかし)