広報活動

Print

2013年1月4日

独立行政法人理化学研究所
独立行政法人 科学技術振興機構

がん細胞を殺すT細胞をiPS細胞化し若く元気なT細胞に再生

-がんの免疫療法を革新する可能性-

がん細胞を攻撃できるキラーT細胞からiPS細胞を作製し、そのiPS細胞からキラーT細胞を再生するという実験を示す模式図

研究全体の内容を示す模式図

がんに対する免疫療法が、iPS細胞を利用することで劇的に変わる可能性が出てきました。免疫・アレルギー科学総合研究センターの研究グループはがん抗原を認識できるT細胞からiPS細胞を作製、さらにこのiPS細胞から抗がん能力をもつ大量のT細胞を取り作り出すことに成功しました。

がん患者の体内には、がんを見定めて殺す能力をもつキラーT細胞が、ごくわずかですが存在します。現行のがんの免疫療法は、そのT細胞を刺激し増殖させて働かせるというものですが、T細胞の数がもともと少ない上に、刺激を受けて増殖したT細胞も、寿命が短く効果が長続きしないという問題がありました。

そこで、研究グループは、このような状況を打破するために研究に取り組みました。まず、ヒト悪性黒色腫に特有のがん抗原を認識できるT細胞からiPS細胞を作製しました。T細胞の反応性は、T細胞レセプター(受容体)を発現するかどうかで決まり、その遺伝子はゲノム中のレセプター遺伝子の断片を切り貼りすることによってつくられたものです。T細胞からiPS細胞を作製する場合、切り貼りされた遺伝子の情報も引き継がれるので、iPS細胞からT細胞を分化させると、元のT細胞と同じ反応性のT細胞ができます。

研究チームがiPS細胞からT細胞を分化誘導したところ、生成したT細胞のほとんど全てが、元のがん抗原を認識できるT細胞レセプターを発現し、がん抗原に反応しました。すなわち、がん細胞に反応できる元気なT細胞を大量につくることができたわけです。

がんの免疫細胞療法の障壁となっているT細胞の数の少なさ、寿命の短さという問題点を解決できる可能性を示したもので、今後のがん免疫療法の開発に大きなインパクトを与えそうです。

理化学研究所
免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫発生研究チーム
チームリーダー 河本 宏(かわもと ひろし)
(京都大学 再生医科学研究所 再生免疫学分野 教授)