広報活動

Print

2013年1月28日

理化学研究所

2頭のサルが無意識的に相手と協調する現象を行動学的に確認

-向かい合ったニホンザルが自然にボタン押しを同期させる-

訓練および実験の概略図

訓練および実験の概略

うなずいたり、「そんなことはないですよ」と顔の前で手を左右に振っていたり…。私たちは対話中に自然に、かつ無意識に身体を動かして相手とコミュニケーションをとっています。相手が見えない電話でも相手に合わせてうなずいているヒトもいますね。ヒトの社会行動には、こうした無意識の行動が深く関与しています。

では、ヒト以外ではどうでしょうか。理研の研究チームは、動物にもこうした無意識の協調行動が存在するかどうかについて、3匹のニホンザルを使った実験を行ってみました。

まず、2つのボタンを片手で交互に押す動作を、個別に訓練しました(図のA)。複数回連続して交互にボタンを押すと褒美にエサがもらえます。各サルがボタンを押すスピードを複数回記録して平均を求め、そのスピードをそのサルが持つ基準値としました。次に、訓練したサル2匹をペアにして向かい合わせ、同じようにボタン押し課題を与えました(図のB)。

すると、課題開始直後から、2匹のサルのボタン押しの速さが同期しました。あるペアでは、1匹のサルは自分の基準値より速く、別のサルは遅くボタンを押すことで、お互いのボタンを押す速さが等しくなりました。また別のペアでは、単純にお互いが同じ速さになるのではなく、一方は1秒間に4回、もう一方は1秒間に1回ボタンを押すように同期しました。さらに、予め撮影していたボタン押しをするサルのビデオを見せた場合でも(図のC) 、サルはボタン押しの速さを映像に合わせて変化させました。エサをもらうために、サルはただボタンを交互に押そうとするので、相手のボタン押しは意識していないと考えられます。

この実験で、ヒトの社会適応能力の一端がサルにもあることが分かりました。今後、無意識的な協調行動をとるサルの脳の仕組みを調べていきますが、これによって、私たちの社会適応力がどのような脳の進化をたどって獲得されていったかを探る、進化論的な研究の進展を促すことも可能になります。 

理化学研究所
脳科学総合研究センター 心と知性への挑戦コア 適応知性研究チーム
研究員 長坂 泰勇(ながさか やすお)
チームリーダー 藤井 直敬(ふじい なおたか)