広報活動

Print

2013年3月22日

独立行政法人理化学研究所
学校法人日本医科大学
独立行政法人医薬基盤研究所

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の増悪に関与するタンパク質を同定

-COPD増悪の新たな診断法や治療法の開発に道-

SIGLEC14の遺伝子型がCOPDの増悪に影響を及ぼすメカニズム図

SIGLEC14の遺伝子型がCOPDの増悪に影響を及ぼすメカニズム

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、別名「肺の生活習慣病」と呼ばれる呼吸困難を伴う疾患です。喫煙など外的要因と遺伝的要因によって発症するといわれています。細菌やウイルス感染により症状が急激に悪化(増悪)することがありますが、増悪時の治療法は現在のところ吸入ステロイド剤などに限られ、新しい治療法の開発が待たれています。

理研と日本医科大学の共同研究グループは、自然免疫細胞で作られる糖鎖を認識するタンパク質「Singlec-14」がCOPD増悪に関わる細菌と結びつくことや、Singlec-14タンパク質をコードするSIGLEC14遺伝子には2種類の型があり、祖先型は Singlec-14タンパク質を作り、欠損型は作らないことに着目しました。これが COPD患者の「増悪しやすさ」に影響するかどうかを検討するため、COPD患者135人についてSIGLEC14の遺伝子型を解析し、1年間の増悪の回数を調べました。その結果、 Singlec-14タンパク質を持たない欠損型患者は、このタンパク質を持つ祖先型患者に比べ年平均の増悪頻度が4分の1以下であると分かりました。また、Singlec-14タンパク質を持つ自然免疫細胞と持たない自然免疫細胞のモデルを作りウイルスで刺激したところ、持つ細胞は持たない細胞より強い炎症性反応を示しました。

これらの結果から、Singlec-14タンパク質を持つ患者は炎症性の反応が強く、増悪の頻度が高くなることが分かりました。つまり、SIGLEC14の遺伝子の型を調べれば憎悪の起こりやすさを特定できることを示しています。これにより、医療の個別化(オーダーメイド医療)を実現できます。また、Singlec-14 を起点とした炎症性の反応経路を遮断すれば、増悪の治療や予防につながると考えられます。

理化学研究所
基幹研究所 システム糖鎖生物学研究グループ 糖鎖認識研究チーム
チームリーダー 安形 高志(あんがた たかし)