広報活動

Print

2013年5月15日

理化学研究所

うつ病関連物質セロトニンを制御する外側手綱核は睡眠調節も担う

-うつ病に見られる睡眠障害を理解する手がかりに-

対照群と手綱核破壊群の睡眠全体に占めるレム睡眠の割合と1回のレム睡眠の長さを表す図

睡眠には急速な眼球運動を伴うレム睡眠と、それ以外のノンレム睡眠があり、入眠後はノンレム睡眠⇒レム睡眠⇒ノンレム睡眠という周期を繰り返します。また、夢の多くはレム睡眠中に体験すると考えられています。うつ病に見られる睡眠障害では、レム睡眠が短時間で出現し、レム睡眠中の急速眼球運動も増加するといわれています。しかし、こうした睡眠障害がどのようにして起きるかは不明のままでした。

理研の研究者を中心とする研究グループは、うつ病関連物質セロトニンの活動を制御する外側手綱核という脳領域と、睡眠障害との関係解明に挑みました。外側手綱核は、不快な状況や予想より悪い状況に陥ると活性化されること、うつ病患者の場合は血流量の異常な増加があることが知られています。

研究グループは、ラットを用いて脳活動を測定しました。その結果、外側手綱核の神経細胞が、レム睡眠時に海馬という脳領域で現れる振動性の脳活動と同期して活動することを見いだしました。また、外側手綱核を破壊したラットでは、レム睡眠の割合が約41%減少し、1回のレム睡眠の長さが約24% 減少しました(図)。つまり、外側手綱核がレム睡眠の制御に重要な役割を果たしていることが確認できました。

今回の研究で、外側手綱核が睡眠制御という新たな機能を持つことが分かりました。これは、うつ病関連物質であるセロトニンと睡眠との関係を明らかにする手掛かりになります。また、外側手綱核の過剰な活性化が、うつ病患者のレム睡眠が安定的に続く原因だという可能性が出てきました。今後、外側手綱核がレム睡眠に与える影響を詳しく調べていくことで、うつ病患者の睡眠異常の病態が明らかになるものと期待できます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム
チームリーダー 岡本 仁 (おかもと ひとし)