広報活動

Print

2013年7月3日

理化学研究所

遺伝子検査によるエイズ治療薬の使い分けの有用性を実証

-副作用のリスクを回避できる個別化エイズ治療の確立-

GENPART Studyの臨床研究の概要と結果

GENPART Studyの臨床研究の概要と結果

エイズウイルス感染者の発病や母子感染を防ぐため、エイズ治療薬は毎日飲み続ける必要があるのですが、高価であり経済的負担が大きくなります。そのため東南アジアの国々では、比較的安価なエイズ治療薬として「ネビラピン」を成分にしたものが使われています。タイでも事情は同じで、多くの医療機関で使用されています。しかし、ネビラピンは副作用として薬疹(薬によって起こる皮膚や眼、口などの粘膜に現れる発疹)の発症頻度が、服用者の21%と非常に高く、問題になっていました。

理化学研究所は、2006年からタイ保健省医科学局、タイ国立マヒドン大学と共同研究を行い、ネビラピンの薬疹に関わる遺伝子として、「HLA-B*35:05」と「CCHCR1」を発見し、タイ人のネビラピンによる薬疹にこれら遺伝子が大きく関与していることを明らかにしました。この成果を基に、2009年からは、タイ人のエイズ患者を対象とした遺伝子検査を行い、検査結果によって治療薬を使い分ける前向き臨床研究「GENPART(Genotype-based personalized prescription of nevirapine)Study」を開始しています。この研究は、ネビラピンを投与する前に個人の遺伝子型を調べ、医師がその情報を基にエイズ治療薬を選択することで、薬疹の発症リスクを軽減できるかどうかを検討するためのものです。

GENPART Studyでは、参加した1,103人の患者を、遺伝子検査せずにネビラピンを投与する「標準治療群」と、遺伝子検査によってネビラピンを投与するかどうかどうかを決める「介入治療群」の2つの群に無作為にグループを分けました。介入治療群では、2つの遺伝子検査によって薬疹発症のリスクがないと判定された患者にはネビラピンを投与し、リスク型と判定された患者はネビラピンではなく他のエイズ治療薬を投与しました。標準治療群と介入治療群における薬疹の発症率を調べたところ、それぞれ18.0%と13.2%になり、標準治療群と比べ介入治療群では薬疹の発症率が約3分の2に減少することが分かりました。この結果、遺伝子検査がエイズ治療薬による薬疹の軽減に有効であることが証明できました。

今回の成果により、ネビラピンによる薬疹のリスクを軽減できるようになります。エイズ治療の分野で、個人に最適な治療の確立を目指したオーダーメイド医療の実現に向けて第一歩を踏み出したといえます。

 

理化学研究所
統合生命医科学研究センター ファーマコゲノミクス研究グループ
グループディレクター 莚田 泰誠 (むしろだ たいせい)